■ 古今著聞集ぶらぶら ■

 <古今著聞集の成立>
鎌倉時代。建長六年(1254)十月成立とあります。

 <作者>
橘成季(たちばななりすえ)。成季は、従五位下の下級貴族でしたが多能の人で、詩歌・管弦・画図を得意と師、退官後、折りをみてはそれらにまつわる過去の説話を編纂しているうち、説話の収集が他の分野にもひろがっていったといいます。そして五十歳くらいまでにこの説話集を書き上げました。花鳥風月の話の他に、下級官人の失敗談、笑い話、機知に富んだ人の話、エロ話なども多いことから、この成季という人物は、ジョークや猥談好きで、才能も多岐にわたる好人物だったのかもしれません。
詳細は不明。


 <内容>
平安貴族のあらゆる説話を、先行する説話集からは採るのではなく、家々の日記を調べたり直接聞いたりするなど、あくまで事実にもとづいて収集したのが、この古今著聞集です。編纂した成季をはじめ京に住む多くの貴族は、古代貴族世界に対するやみがたい追慕の情がありました。承久の乱での敗北以降、完全に政治から切り離され、京の狭い社会に閉じ込められてしまった貴族たちは、もはや新しい生活を生み出す力も気力もなく、ひたすら過去の栄光を懐かしむよりほか、どうしようもありませんでした。実質的な機能を奪われ、真綿で首を絞められるように滅びゆく自分たち。この世を動かし、文化をつくっていたのは、つい昨日までは自分たち貴族だったのだ・・・過去の時代の足跡を求め、「いにしえ」がいかによきものだったかを改めて知ることが、この著聞集を編纂した動機だったようです。
三分の一が鎌倉時代の説話で、残りの圧倒的多数が王朝時代の説話で構成されています。内容は30編あり、世界を「宗教」「人間」「自然」と三分して記述され、
1神祇、2釈教、3政道忠臣、4公事、5文学、6和歌、7管弦歌舞、8能書、9術道、10孝行恩愛、11好色、12武勇、13術箭、14馬芸、15相撲強力、16画図、17蹴鞠、18博奕、19偸盗、20祝言、21哀傷、22遊覧、23宿執、24闘諍、25興言利口、26恠異、27変化、28飲食、29草木、30魚虫禽獣、となっており、人事から自然まで、事実にもとづいたあらゆる説話が百科事典的に羅列されています。いかにも男性が手がけた感のある説話集です。


※当コンテンツの現代語訳、きちんと学ばれた方が読むようなモノではありません。「とにかく読み流したいのに、注釈を追ってると話の流れがわからなくなって、つい挫折してしまう」という方を意識して作っています。平易な言葉を心がけています。これをきっかけに、古今著聞集を手にされる方が増えたらとても幸せです。



 

【能 書】 
285〜290段 
291〜293段 (完)
 

好 色】 
315〜321段 322〜325段 326〜330段 331〜332段 (完)  


【偸 盗】

427〜432段 
433〜436段 437〜440段 441段 442〜446段 (完)  

【画 図】
383〜388段 389〜393段  
394〜398段 399〜402段  403〜406段 (完)  

【宿 執】
480〜485段 486〜492段 493〜496段 
497〜500段 (完)
    

【興言利口】
507〜512段 
513〜516段 517〜520段 521〜525段 526〜529段  530〜536段 537〜539段 540〜542段 543〜546段 547〜550段 
551〜554段
 555〜558段
 559〜564段 565〜571段      

恠 異 (怪異)】 
579〜582段 583〜587段 (完)  

【変 化】
588〜592段 
593〜597段 598〜601段 602〜605段 606〜611段  (完)   

【飲 食】
612〜615段 616〜621段 622〜625段 
 

【魚虫禽獣】
672〜679段 new




 <<< 戻る