442段 鞍馬の参拝者が追いはぎに遭う事


参詣者A
「(鞍馬街道の)市原野で夕方追いはぎが出たらしいとさ」
参詣者B
「あそこは良い休憩場所なんだけどねえ、両脇の山に隠れている山賊から丸見えなんだよねえ」
参詣者A
「参拝者の身ぐるみ剥いだ上に斬るなんて、盗人どもめ、地獄に堕ちたらいいのさ」
慶算法師
「夕暮れに市原野にて負ふきずはくらまぎれとやいふべかるらん
(暗闇に紛れて負う太刀キズは鞍馬斬れナンチャッテ)」
参詣者A
「…( ゚д゚)ポカーン」
参詣者B
「…('A`)」




443段 盗人に櫛箱(くしばこ)を盗まれ、童が歌を詠む事


澄恵という僧都が子供だったころ、世話役の僧が澄恵の頭を剃ろうとして整髪道具一式の入った手箱を探したが、一向に見つからないことがあった。盗人が盗って行ったからなのだが、この澄恵、幼いのになかなかの歌を詠んだ。


白波の立ちくるままに玉くしげふたみの浦の見えずなりぬる
(白波が立ってきたら二見の浦は見えなくなるけど、盗人がやって来たらくし箱が見えなくなるんだね)


白波=盗賊の隠語になってるそうです。




444段 澄恵僧都が蕎麦ドロボウの歌を詠む事


この澄恵僧都の宿坊の隣家の畑で蕎麦を植えていたのだが、ある夜盗人が忍び込み、蕎麦をごっそり抜いていった。
その話を聞いた澄恵僧都はこんな歌を詠んだ。


ぬす人は長袴をやきたるらんそばを取りてぞ走りさりぬる
(蕎麦ドロボウが(長袴の)そばを取って一目散ナンチャッテ)


長袴の両腰に開いているスリットを「ももだち(=そば)」と言う




445段 山守縁浄法師、わらびドロボウの歌を詠む事


花山院家の山荘・粟田口殿の敷地内に自生している山蕨(やまわらび)の若い芽(若芽をカギワラビという)があまりにも頻繁に盗られるので、山守縁浄法師がこんな歌を詠んだ。


山守のひましなければかぎわらびぬす人にこそ今はまかすれ
(盗られないよう気をつけているのにどんどん盗られてしまう。こうなったらカギワラビのかぎ(=鍵)を盗人本人に任すしかないよなあ)




446段 恵心僧都の妹尼のもとに入った泥棒が改心する事


恵心僧都(横川僧都。源信僧都ともいう)の妹・安養尼のところに強盗が忍び込み、めぼしいものをごっそり盗んで家を出た。そのとき、紙の中にワラを詰めた布団をかぶっていた安養尼に、その妹の小尼公が、
「盗人が落としていきましたよ。せめてこれだけでも」
と言って小袖を渡した。小尼公がからっぽの家の中で見つけた残り物だった。ところが安養尼は、
「盗人は、一度盗った物は全て我が物と思っているでしょう。この小袖だってそうですよ。私のではないしね。ですから、盗人の了解を得ずに着てよいものかどうか…そうだわ、盗人はまだ遠くに行っていないでしょうから、何とか追いついて渡してあげなさい」
と言う。小尼公は小袖をつかんで表へ出た。盗人たちが見えたので、
「もしもし、これを落としてますよ」
と恐る恐る呼びかけた。盗人たちは立ち止まった。
「確かに渡しましたよ。では」
小尼公は盗人に小袖を手渡した。
盗人たちは小袖を手にしたまま固まってしまったのだが、
「こんな心根(こころね)の人たちから物は盗れないよなあ」
と改心し、盗んだ物を全部尼君たちのもとに返したという。






 <<< 戻る