僕が左遷された理由(わけ)


藤原行成の蔵人の頭としての評価は、公卿たちの間では大変高い。
精励を極めた勤務ぶり、事務処理の要領のよさ。清廉潔白な人柄は、常にひかえめな黒子役に徹する態度から押し測れようというもの。
就任当時、『地下人が、どのようなツテを利用して俊賢殿にとりいったものやら』といった声にならない声が、水面下でうねっていたものだったが、もはやだれ一人、そのような中傷をささやく者はいない。帝と公卿トップの間は、奔走する彼の働きで万事なめらかに事が進み、活気に満ちた、明るい内裏となっている。東三条院(詮子)の信任もあつく、帝と公卿、そして母后の連携が極めて順調なのも、現在の蔵人の頭たちの努力のたまものだと評価されている。
そんな蔵人の頭の両翼の一端を担っているもうひとりの人物は、ここのところずっと悩みを抱える日々を送っていた。
ぱしぱしぱし。右手に持った蝙蝠(かわほり)を、威勢のいい音をたてて左の掌に当てている斎信。落ち着かない心を持て余すかのように、ときおりこんなふうに扇をもてあそんだり、簀子(すのこ)を右に左にウロウロしたり、ヤケになったように急に琵琶を弾いてみたりする今日この頃だ。
陽気な社交家で、己がペースを決して崩さない好青年が、なぜ上達部の必須とされている優雅さも忘れて、イライラしたそぶりを見せているのか。


「行成………いつになったら打ち解けてくれるんだっ!!」
おっとついホンネを叫んでしまった、と斎信はあわてて蝙蝠を口に当てた。


チーム・蔵人を一緒に組むようになってからずいぶん経つ。お互いウマが合うと見え、慌ただしいこの仕事も、実に無駄なくさばけている。もちろん、各々の才能の高さもあるが、他の殿上人には決して言えない気苦労も極秘情報も、ふたりきりになったときには、ぐちぐちとハラを割って語り合い、暁まで飲んだくれた事も五回や十回ではない。しかし行成は、そんなくだけた席でも私に対して絶対に敬語を忘れない。もちろん、彼は冗談も言うし、ヨタ話も好きだ。最近になってようやくきまじめな丁寧語が抜けて、軽口の敬語になってくれた。それだって私が再三、『そんなかたい言葉は私にだけはやめてくれ、お願いだ』と、懇願にも似た口調で頼んでいるからだ。しかしその都度行成に『最低限、わきまえねばならないこともありますから。』と笑顔でかわされる。これでも以前に比べたらマシになったほうだ。最初の頃は、『教えていただかねばならないこの身で、どうして軽い気持ちでいられましょうか』ときたもんだ。
ちょっと前まで低迷してたとはいえ、家柄だって十分なものじゃないか。君の実力は、あの道長殿も東三条院さまも一目置いてるし、誰にも遠慮なんてしなくてもいいのに。年齢差か?たった五つ、それがどうした。少なくとも、私の前では『素』の君を見せて欲しいよ。それは私のわがままか?一体何を守ろうとしているのか。どんな状況にいても、彼は決して理性を捨てようとしない。
ああ一度でいいから『斎信殿』ではなく、『斎信』と呼ばれてみたい…。


後宮で、御簾の前をため息つきながら通り過ぎる斎信を、これまたうっとりとため息をつきながら見つめる女房たち。熱い視線が御簾のスキマを越えて斎信をがんじがらめにしているが、今の斎信は気付きもしない。頭の中はもう行成だらけ。もっとふざけた態度をとってほしい。斎信、と呼び捨てされたい。嗚呼。
私にだけは心を許したつきあいをして欲しい。馴れ馴れしくして欲しい。私にだけ?…そうだな、それスッゴクいいな。他のだれにも節度ある態度を崩さない行成が、私にだけはハメをはずしてくれる。あのストイックなオーラを脱ぎ捨ててくれる…最高だ。そのまま私は死んでもいいね。


ネジのゆるんだ頭の中はおかしな想像でいっぱいいっぱいであるが、立ち居振舞いはいたって涼やかなものである。床に額をこすりつけんばかりに、行成に乞うている願いがあるなど、だれが気付こうか。


自邸で脇息にもたれながらも、やはりネジのゆるんだ頭は行成のことにだけフル回転だ。まるで女人に恋い焦がれているよう。イヤイヤ恋なんかであるものか。大体恋というものは、異性にするものだろう。第一私は、女人に呼び捨てにされたい、など思ったことはないぞ。タメ口で話をしたいと思ったこともない。真に親しい親友になりたいんだ。四六時中、一緒にいたい。本気で心を突き合せたいんだ(←友情超えてる気持に気がつかないらしい)。


こうなったら自爆覚悟で強制的にでも敬語を使わせない方法を考えるか、と斎信は決め込んだ。
「とはいってもなー…」
より仲良くなれる方法。女相手とはわけがちがう。だいたい敬語、というものは、身分の低い者から高い者へ使用される言葉である。
「じゃあ私のほうが、位階が低くなればいいのか?」
すごく名案な気もするが、どうしたら減階(げんかい)できるのかわからない。そんなこと考えた事も無かった。減階。でもそれで、行成がわたしに敬語をやめてくれるのなら、減階のひとつやふたつ、ゼンゼンOKだ。
有職故実に明るい斎信の知識を持ってしても、減階の先例は思い出せなかった。位階はそのまま、何かの事件や不祥事で遠国に飛ばされる、という例はあるが。
『飛ばされる?』
斎信の頭にひらめくものが。そうだ!除籍、除籍処分だ。昇殿の資格を失うような失態をしてしまえばいいんだ。帝のおしかりでも、勤務怠慢でも、失策でもなんでもいい、殿上の間にあるあの板から、私の名前を削ってもらえば、みごと地下人のできあがりだ。ついでにどこぞの遠国の権守に飛ばされればパーフェクト。そんなヤツに敬語を使おうなどとは思うまい。
斎信は、我ながらの名案に、小躍りしたくなるような思いだった。
さて、不祥事は何にしようかな、と斎信は腕組みして考える。なんでもかまわないが、頭の中将のプライドにかけて、失策という手段だけは避けたい。
無能というレッテルだけは貼られてたまるものか。ゆるみかかったネジを締めなおして、必死で考えをめぐらす。
時間がどんどん過ぎていった。
やがて、傾きつつある西日に照らされた斎信の顔がニヤリと笑った。少々不気味だが、相当な名案が浮かんだらしい。斎信はスックと立ち上がり、
「馬を用意してくれ!!俊賢殿の屋敷に行く!」
と家来に叫んだ。
待っててくれ、行成!!私の計画は完璧だ。絶対に除籍処分になってみせるぞ(頭おかしいよ)。


「だんなさま!たいへんでございます。頭の中将斎信さまが、血相変えてこちらに向かってきておりますが。…ああっ来られました。先触れに中将さまが追いついてしまわれて…」
女房がこけつまろびつ大あわてで俊賢に取り次いだ。
ここは源俊賢の屋敷。今夜は特に予定も入っていないので、俊賢はなじみの囲碁仲間と一局設けている最中である。
「何!?頭の中将が!」
俊賢は身構えた。帝の近侍である頭の中将が、それほど大急ぎで参議である自分のもとへ飛んでくる理由。宮中で、なにかとんでもない大事件が起きたのか。俊賢は、背筋をのばす。
「一体何が起きたのでしょうか。検非違使庁にはなにも報告のようなものはなかったと思いますが…。」
そばで検非違使別当、藤原公任も不安そうにつぶやく。公任は俊賢の囲碁仲間で、二人は対戦の真っ最中なのであった。
公任の言葉が終わるやいなや、パーンと勢いよくふすまが開き、そこにはハァハァと息のあがった斎信が立っていた。
ぎょっとするような必死の面持ちである。あまりの真剣な顔に俊賢と公任は身構える。
帝になにか大事が?あらゆる不吉な事態が頭をよぎった。


「俊賢殿!わたしを
左遷してください!!!」


は?いまなんて。あんなに緊張しまくった頭の中を、ひよこが歩き出した俊賢。隣の公任も口をパクパク死にかけの金魚のようにあえがせている。
左遷。させん。サセンという言葉は俊賢の頭の中の辞書には、
『左遷 = 低い官職・地位にさげること ←→ 栄転』
というような単語しかないが。その『させん』のことを斎信は言っているのか?あまりの唐突な発言にふたりともついていけない。
「…おまえ、なにかした…のか?」
態勢を立て直すのが、俊賢より若干はやかった公任が、かすれ声で斎信に尋ねた。彼は斎信のひとつ年上。家柄も似通っており、気の合う友人なのだ。
斎信がなにか言うよりはやく、俊賢が立ち直った。
「血相変えて飛んできたというから、何事が起こったかと思えば…この、この
痴れ者が!寝言は寅の日辰の日にほざけ!」
緊張しきっていただけに、この落差は大きい。顔を真っ赤にして怒りまくっている。
斎信は心の中でほくそえんだ。うん、うん。想定したのと全く同じ反応だな。何も言わずに左遷させろなどと言っても、却下されるだけだ。ふふん、公任も同席してる。飛んで火に入る夏の虫とは公任、おまえのことだよ。検非違使別当殿が同伴なんて、わたしはツイてるなぁ。今この計画を実行することは正しいと、仏に背中を押されているってことだな。おっしゃ。
「わたしは、わたしは、減階してほしいだけなのです。
いざ!俊賢殿、お覚悟あれ――ッ!」←(無双キャラ風)


いうがはやいか斎信は左足を浮かせ、一本足打法で俊賢の烏帽子を笏で打った。あわれ俊賢の烏帽子は、囲碁の盤上に落ちて、盤面の碁石がバラバラと床に散らばってしまった。
帝から拝領した笏で、他人の烏帽子を叩き落とす。礼儀にうるさい公家社会でこれほどの非礼があろうか。以前、行成のカンムリを、歌人の藤原実方が池に放り投げたことがあった。その時に帝が御不快を示されて、彼は遠く陸奥の国へ飛ばされてしまったのだ。
『母上、ご覧下さい。今日、市で家司にももいろのひよこを買ってもらったんですよ。ホラ、こんなにたくさんヨチヨチと。かわいいでしょう。でも不思議だな、数えていると、なんだか眠たくなって…』
烏帽子を思いっきり打ち飛ばされた俊賢は、亡き母の幻を見ながらアワを吹いて倒れてしまった。元結でかたく巻かれた髷(まげ)が、衆人環視の中でさみしそうに黒光りしている。騒ぎを聞きつけた屋敷中の家来や女房たちが大あわてで人事不省に陥った主人を介抱する。
これなら絶対うまくいく!
「さあ。夏の虫、もとい、検非違使別当殿。現行犯だ。つかまえておくれ。参議殿にいわれのない侮辱を与えてしまった。逮捕してくれ、疾(と)く!」
公任は、斎信の信じられない狂態を目の前にして、冷静さを保つのに必死だ。自分が聞き間違えたのではなければ、『減官してほしい』などとほざいていたようだ。それでこの狼藉か?理由がさっぱりわからない。しかし、俊賢殿の屋敷の大多数の人間がここにいる以上、隠すことはもうできない。
仕方がない。自分は別当だ。規定の任務は遂行せねば。
「減官させろ、とかいったな斎信。本当にいいのだな。皆が見ているからどうしようもない。内裏にこのまま通報するぞ」
「ああ、たのむよ。望んでいることだ。疾く疾く」
「よし、では引導渡したるわ!!
参議殿への狼藉発覚。検非違使の佐(すけ)をただちにここへ。右衛門督に委細を宮中へ伝えるよう。頭の中将は自邸へ牢籠。宣命がおりるまでそのまま籠(こ)め置きよ!!」


狼藉をはたらいた本人は、自邸から逃亡する気はさらさら無いが、あらゆる出入り口は検非違使庁の派遣した武士たちに囲まれた。
数刻後、闇にまぎれてもう一人の蔵人の頭が馬を飛ばしてやってきて、武士たちの間をすりぬけて、屋敷の中へ入っていった。
「斎信殿!」
相当馬を飛ばしてきたと見え、冠の垂纓も乱れ、衣装も珍しくヨレヨレだ。
「あっいらっしゃい。行成、よく入れたね。この家に」
なんなんだ、この能天気さは。宮中で皆が騒いでいるように、気がふれたとも思えない。斎信狂乱の知らせを受けて、行成が大あわてで内裏にかけつけてみれば、もう宣命はでたあと。いくらもたたないうちに、勅定(ちょくじょう)がおりた。
「…帝からの、勅定を申し渡しに参りました。
『一か月間の謹慎。宿題を出す。こりずまの浦をみてまいれ。和歌を三十首つくること。以上』
…寛大なご処置です」
行成の声がわずかに震えている。
摂津国、こりずまの浦。こりずま…しょうこりもなく、という名の浦。『そなたは、しょうもないことをいろいろ考えつくのだなあ』という帝の苦笑が目に浮かぶようだ。斎信は、帝に自分のことを信じていただけたのがうれしかった。
「どうしてこんな茶番劇のようなマネを…。あなたが意味も無く無体なふるまいをするような人じゃないということは、殿上人すべてが存じていることです。知らせを受けて、気が動転しました。馬でこちらへ来る途中、あれこれ絶望的な考えが止まらず、私は、私は…。
蔵人の頭をお辞めになりたいのですか。気が狂ってないのであれば、それしか理由が思いつきません。斎信殿。あなたと一緒に帝をお支えする仕事がどれだけ私を成長させたか、あなたと共にいるのがどれだけ私の生きがいになっているか…。私と共に仕事をするのはいやだと思っておられるのですか。私は」
「違うよ」
斎信は、行成の言葉をさえぎった。
どうやら真面目な行成は自分自身をひどく責めているらしい。なんだかもう、涙声になっている。一緒の仕事をしたくないがために、斎信がこのような非常手段に出たと。これには斎信も驚いた。そんな誤解はしてほしくない。意図はそのようなところにあるんじゃないんだ。
「そんなに難しくかんがえないでくれ。私だって、そんな小難しいことを思ったわけじゃないんだ。けど、ひとつ絶対に間違えてほしくないことがある。一緒に仕事をしたくないなどと、私は一度も思ったことはないよ。本当だ。理由が思いつかないって言うけど、たしかに行成にはほんとの理由が思いつかないだろうな。
――――知りたいか?」
声のトーンが急に落ちた。行成から視線を外そうとしない斎信の瞳。魔法にかかったようにその甘い瞳から眼をそらすことができない。
行成は思った。聞いて良い事なのか。聞いてはいけないような気がする、とても。うなじが熱を感じ、心臓が早鐘を打つ。
「えへ。なんて顔をしてるんだい。君ね、ぜんぜん敬語を崩そうとしないだろう?だから強行手段に出たんだよ。君より位階や職が下がれば、タメ口きいてくれるんじゃないかってね。狼藉して、権守にでもなってしばらく都落ちできたら、と考えたけど、一か月かぁ…。あっでも配流みたいなもんだと思って、敬語やめてもらえるかな?」
「………………」
「どうしたの?やっぱ陰謀でもくわだてなきゃムリ?」
「…………
一生やめませんっ!!!
なんてアホウなことを考えてるんだこの人は!こんなに、こんなに、こんなに心配したのに!
「あ。そんなこという?じゃあ、謹慎が解けても京に戻らないよ?敬語使い続ける気なら、一緒に仕事、もうしない。臨時の蔵人の頭、兄の誠信と仲良しこよしでずっと仕事したら。兄は私と違ってまじめだから、やりやすいよ♪」
今度はおどしだ。行成はめまいがして倒れそうだった。行成の先ほどの告白を盾にして、共にいたいならタメ口で話せ、とおどしている。足元をみられた。見事形勢逆転だ。アホな計画を実行した斎信を、叱り飛ばさなければいけない立場なのに、この状況は何なんだ?行成は下を向いて唇をかむ。
「どうなの?私にあきれた?もういっしょにいたくない?それとも敬語やめてくれる?君はどうか知らないけどね、薄っぺらな垣根を通してしか君が見えないようで、少し寂しいよ。敬語をやめてくれたら、君の懐をはっきり見ることができる、そう思えるんだ。今の状況に、私は自信がないのかもしれない…ダメかな?」
「……次にお会いできる日ま考えさせてください」
「え。ホント?言ってみるもんだな!」
「だからもう、こんなバカなマネは二度としないでください。
……
このドアホ!!
「言いきったね。うれしいなあ。約束だよ。ああ一か月先が楽しみだ」
身をよじらせて喜ぶ斎信。行成は、背筋に寒気が走った。


2日後の夜明け前、ことさら地味に仕立てられた網代車が斎信の屋敷の裏門を出ようとしていた。
屋敷の使用人の他に見送りは、源俊賢と藤原公任の二人であった。
「本気の仕儀とも見えなかったし、我らの信頼はこれしきのことでは崩れんよ。もう、そんなに頭をさげなくてもよい。斎信」
「いえ、ご無礼をはたらいたと、心の底から申し訳なく思っています。まことに勝手を申し上げるようですが、くれぐれも行成をお願いいたします」
「代理の誠信のサポートをお願いします、の間違いじゃないのか」
公任がつぶやく。
「おまえにも感謝してるよ。宮中に戻って奏上する際に、うまく立ち回ってくれたからこそ、謹慎が一か月で済んだし、もとの現場に復帰できる。ありがとう、本当に」
「宿題しろよ(ドリフか)」
名残惜しくつぶやくふたりに対して、車の中の都落ち人は、大変元気がよさそうだ。
車が動き出した。
中から「ふっふっふ…ファッファッファーッハッハッハッ…」と、後世の水戸のご隠居の高笑いのような声がひびいてくる。ずいぶんごきけんな都落ちもあったものだ。
俊賢と公任は、車が辻を曲がって見えなくなるまで佇んでいた。
幸せそうだった都落ち人に、やがて二人はため息をつく。
「俊賢殿。今夜あたりにでも、碁の続きをしましょうか…」


(おわり)


2003/4/20


 >>>戻る