思考青年


開け放した御簾の向こうの前栽に、雨に濡れた菖蒲の群れが見える。五月の長雨に乾くひまもないその花びらは、涙に濡れた高貴な女人の袖のようで、同じ紫でも、日の光を受けて耀く藤の花とはまた違った風情がある。


ああ、うっとうしいなあ…。


それまで書き物をしていた斎信は、壺庭を眺めながら、大きく伸びをして、そのまま後ろにごろりと仰向けに転がった。文台の上には、書きかけの書類やら筆やらが散らばっている。斎信がうっとうしいとため息をついたのは、五月の雨の匂いだけではなく、今目の前にある書類の始末に対してなのであった。


ここ3日ほど斎信は、宮中での仕事が終わると、空いてる時間は自邸でずっと報告書作成に追われている。内容は伊周逮捕の顛末について。逮捕とはいささかぶっそうだが、要は、伊周の花山法王矢射事件から配流までの経過について、帝に提出する書類を書いているのだった。この報告書は斎信だけでなく、もう一人の蔵人の頭、行成も作成している。この事件の対応が、斎信は伊周側の中の関白家、行成は道長側と分かれていたので、より詳細な記録を残すために、それぞれの側からの報告書の作成を勅命で承ったのだ。


この一連の事件の経過をかいつまんで説明する。
道隆関白が亡くなった後、道長との仲がますます悪くなった道隆の子伊周は、斎信の妹であるA子さんのもとに通っていたのだが、A子さんの妹のB子さんとおつきあいしていた花山法王を、
『A子に横恋慕している!』
とカン違いして、おどしの意味で矢を射掛けたという。これが1月16日夜。これが発端になり、法王襲撃のほかに詮子呪詛事件やら、禁止されている呪法事件やら、次々余罪が湧き出て逮捕せざるを得なくなった。逃げまわる伊周を指名手配してようやく捕まえたのが、事の発端から四ヵ月近くたった5月4日。


事実のみを報告するなら、それほど難しいものではない。重臣の陰謀という重大事件だが、いつもどおりの報告書をつくり奏上すればいい。だが、いつもと違うのは、この事件に今上最愛の女御、定子がからんでいる、ということなのだ。いや、女御定子がこの陰謀に加担したのではない。逆に彼女は被害者である、とも言えた。流罪が決定した4月24日からずっと、伊周達は屋敷内に検非違使たちを踏み込ませないように、女御定子をいわば人間盾のようにしていた。にらみあいが続き、とうとう実力行使に踏み切ったはいいが、伊周は逃亡。出家でもすれば許されるとでも思ったのか、4日後に頭をまるめて自首してきた。それでも、護送途中に何度も仮病を使っては、ぐだぐだと居座りを使った。


これほど見苦しいふるまいをした伊周と宮中の間を、この4ヵ月近くの間どれだけ行き来しただろうか。最初花山法王が射掛けられた時、帝は綱紀粛正のため犯人を厳罰に処す、と厳しく申し渡されたが、フタを開けてみると犯人は女御のご兄弟…。相当衝撃を受けられた、と拝察する。帝は二条邸立てこもりの模様を詳しく知りたがっておられる。女御ご自身が自らの髪を切ったくらいの修羅場だった。女御にしがみついていた伊周は、顔をそむけたくなるほどのあさましさ。逃亡が発覚した時の脱力感。蔵人頭として、こんなにイヤな仕事は初めてだった。思いっきり伊周の顔面を蹴り飛ばして、『醜態さらすのもいいかげんにしろ!とっとと立て!』と何度怒鳴りつけたい思いにかられたことか。
たとえ全てをお知りになりたい、との仰せとはいえ、表にさらさなくてもいい真実だってあるんじゃないか。全てをさらして『御気色悪し』などと、昼の御座にもおいでになられなくなったら…帝のお胸の内がいつも平安に執務できるように努めるのが、我々蔵人の頭の務めなのだ。さて、どこまでをどのように書いたものか…。


帝・公卿への配慮と、事実の記述をはかりにかけかね、書いては破り、書いては修正し、斎信は次第にイヤ気がさしてきた。


「ああやだやだ。もうぜんぜん書けませんよーだ」


仰向けに寝転がり、天井をみつめてそうつぶやく斎信。
すっかり思考が空転している。




さらさらと衣ずれの音が近づいてくる。
「だんなさま。蔵人の頭さまがお見えになりましたが」
女房がつつましやかにそう告げた。
「ああ…通してくれ」
斎信はめんどくさそうに起き上がり、文台に向きなおした。
軽やかな衣の音が遠ざかってしばらくすると、渡殿を歩いてくる気配がした。
「お邪魔しますよ…ずいぶん熱心に書き物をしている最中ですね。どちらの姫君への手紙をそこまで呻吟しているのです?」
「皮肉を言うところをみると、そっちはできあがったようだな」
「そちらと違って現場担当ではありませんでしたので、まあ、楽なものでした。その様子では、あまりはかどっていないようですね」
「ああ。もうぜーんぜんダメ。帝の想像しておられる醜聞以上だと思う。きびしいよなぁ。一応公文書だから、公卿連中も閲覧するわけだろう?こんなの大内記や弁官にさせたらいいんだ。私が口述するからさ」
斎信は大あくびをして、そのまま後ろにごろんと仰向けに転がってしまった。
寝転んだままちらりと行成を見ると、そのへんにほったらかしになっている書きかけの書類を手にとって読んでいる。それを眺めていた斎信に、次第に睡魔が襲ってきた。なにしろ自邸にいる時でも、お呼び出しが常にかかる仕事。24時間態勢なのだ、帝に近侍するということは。うつらうつらしながら斎信は、次の宿直はいつだったっけ、それまでには…と考えながら眠りに落ちこんでいった。


爽やかな若草の香りがする。雨がやんだのかな。あれ?私は寝てたのか。たしか行成が来てたよな。
しょぼくれた目をこすって壺庭を見ると、やはり相変わらず雨は降り続けている。
「私は寝てたのか。…なんだい?それ」
床の上に折敷が置いてあった。行成は、折敷の中のものを何やらいじっている。
「寝ていたのはほんの小半時ですよ。珍しいものをいただいたので一緒に飲みたくて、今日こちらにお伺いしたんです…何だと思います?」
折敷の中には白磁の高杯がふたつ。かすかにただよう爽やかな香りは、どうやらここが源らしい。
高杯の中には乾いて縮れたような、くすんだ黄色味をおびた青い葉が少量入っている。
「すがすがしい香りがするから、雨がやんだのかと思って目が覚めた。見たこともないものだ。何だろう?」
薬草とは違うその香りに、斎信は不思議そうにつぶやいた。
「これは『茶』というものだそうです。私も初めて見ました。今日俊賢さまからいただいたんです。俊賢さまには典薬頭どのが渡されたとか。蔵人頭の二人に渡してくれと頼まれた、そうおっしゃってました」
「へええ!これが『茶』。なんでまた典薬頭どのが我々に?私たち、何か病気したっけ」
「おそれおおくも帝からのあたたかいご厚情です。今回の事件の始末をねぎらってくださったのです。茶は滋養や体力回復に効果てきめんで、帝が極秘に典薬頭どのにお命じになられたとか。典薬頭どのは俊賢さまに渡して、俊賢さまはたまたま近くにいた私にと、そういうわけです」
「ってことは、これは典薬寮で管理している茶?」
「聞いてビックリ、この茶は何と大宰府からの献上品だそうですよ。聞いたところによると、唐渡りの特級品の黄茶というもので、泰始皇帝が不老不死の薬として探し求めていたとの伝説付きの茶木の葉だとか。それをほんのひとにぎりですけど、我々下っ端に下賜されたのです」
「へええ――っ!」
斎信は、今度こそ本当にびっくりした声をあげた。
「シッお静かに!帝が直々にご禁制スレスレの品を渡した、ともなれば大問題になります。だからバレないように、私が直接ここの台盤所に出向いて湯と碗をお借りしました」
そ、その方がびっくりするよ…斎信は心のなかでつぶやいた。
赤の他人のしかも蔵人頭が、よその家の台盤所に一人で行って湯と碗を借りる…下働きの者たちは仰天しただろう。
涙をにじませながら笑いをこらえている斎信をジロ目で見ながら、行成は水瓶から白磁の高杯に熱い湯を注いだ。


やがてあたりがふくよかな香りに包まれる。
「…じつに高貴な香りがする。この香りだけで疲れも眠気も吹っ飛んでしまうような気がするよ」
「眠気がなくなったのは、先ほどうたた寝したせいじゃありませんか?しかしこの茶…本当に清らかな香りですね。まるで春の草原の中にいるようです」
淡い黄金色が白磁に映える。飲んでみるとまだ熱かったが、かえって熱さの刺激が舌に快い。
「不思議な味がする。上品で、ほんのり甘い」
感に堪えたように行成がつぶやいた。
「ええ…まろやかで甘くて。こんな飲み物があったんですね」
二人はしばらく黙って茶をすすった。


斎信は飲んでいるうちに、鬱々としていた気持ちが少しずつ落ち着きを取り戻してきたような気がした。現金なものだな、茶を下賜されたというだけで元気になれるなんて。いや、行成自らが淹れてくれたものを差し向かいで飲んでいるからなのか。妙に頭が冴えてきたおかげか、いくつも答えが浮かんできて、どれが本当の自分の気持ちなのだかわからない。茶の香りにまかせて、このままとりとめなく考えつくままに流していってもいいが、でも、あともう少しで、このごちゃごちゃした思いがひとつにまとまりそうな気がするのだけど。


「初めて茶というものを扱ったので、うまく淹れられるかどうか不安でしたがホッとしました。まあ仮に大失敗したとしても、あなたは笑って済ませてくれる。心はこもっているからって。だから失敗しても私はやっぱりホッとするでしょうね。どちらにせよ薬効は十分あるので」
行成がなにげなくさらりと言ったこの言葉に、斎信は頭の中をぐるぐる回っていたいろいろな考えが一気に収束するのを感じた。


そうか…そうだったのか。今気が付いたよ自分の気持ちに。
特別に下賜された薬だとか、帝おん自らが心配してくださったからとか、そんなのじゃなかったんだ。


「…茶葉も飲み込んでください、女房たちに見つかるとまずいんで。やはりこういうものは、形跡を残してはいけません。別にうしろめたいことではないんですが。……ニヤニヤ見つめないでください。茶の薬効が顔にきましたか」
「…ゴメン。そんなに顔が緩んでいたかい?う…茶葉、けっして不味くはないけど、ザラっと口に残るなぁ。…飲んだよホラ。
ああ!なんだか腹の底から元気がわいてきたようだ。これも茶葉のおかげかなっ」
斎信はガッツポーズをしてみせる。
「ではアシがつかなくなったところで、台盤所に返してきます」
行成はそう言うと、白磁の高杯と水瓶を折敷に乗せて、ひょいと片手に持ち上げて立ちあがった。
「え。私が行くよ!君が行くと下働きの者たちがびっくりする」
「おかまいなく。その分早く報告書に取りかかって下さい。茶のおかげで身も心もスッキリでしょう」
「うん。なんだかごちゃごちゃしていた物思いも原因がわかったし。ヨシ!今夜中に終わらせるぞ。
それはそうと行成…きみスッゴク似合ってるよ、ギャルソン姿」
行成は「何ですそれは」とかブツブツ言いながら、折敷を目の高さまで持ち上げて部屋を出て行った。


早いとこ書きあげてしまおう。見たことをすべてありのまま。聡明でお強い帝のことだ、きっとご自分の中で消化してくださるにちがいない。
いちど方向性を決めた斎信の行動は速い。さっさと報告書の方針を立ててピッチをあげて書きはじめた。


(おわり)


2003/4/9


 
>>>戻る