×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 



いちご狩り



霞に煙るおだやかな三月のある日。
観桜の宴を数日後に控えて、準備に追われていた頭の中将・斎信は、参内を終えてようやく内裏から解放された。
観桜の宴は原則として、宮中の桜が満開寸前に行われる。従って、毎年行われる日程が違うため、陰陽寮の気象予報係が毎年胃の痛い思いをして予測を立てている。それに従ってイベントを指揮する側もまた、けっこうつらいのである。
準備が忙しすぎて、こっちは桜をゆっくり観るヒマもないよ。
斎信は、立ち止まって大きく伸びをした。背中の軟骨がバキベキ鳴る。ああ気持ちいい。
桜はまだ四分咲きか…。建春門あたりに植え込まれている桜たちは、ようやくつぼみから開きかけようかどうしようか迷っている風だ。桜のご機嫌に関しては拝むしかないな。頼むよ。
斎信は、ぽんぽんと桜の幹をたたいた。空を見上げると、のどかな春が広がっている。ほんのり暖かく湿った風が、今日の春日和を約束してくれる、そんな一日であった。


斎信が、陰陽寮の前を歩いていたとき、松の木の根元に5、6人の男たちがかたまって、なにやら楽しげに騒いでいるのが見えた。よく見るとその中には斎信のパートナー、蔵人頭・行成の姿もあった。斎信の顔が緩んでいく。行成は、斎信のお気に入りなのだ。司召の除目で、俊賢の後任が行成に決まった時、ちょっとしたハプニングが縁で、行成の前では何事も心を割って話せる、そんな信頼を持っている斎信だ。
「どうしたんだ?ずいぶんとにぎやかだが」
「あ、頭の中将殿」
輪の中にいた左衛門尉や右中弁などが一瞬姿勢を正して一礼した。しかしすぐにまた、もとのくだけた様子になった。
「いえね、今みんなで白粥のオカズは何が一番か、ということを話し合ってまして。」
修理亮が答えた。
「もうすぐ観桜の宴がありますので、食材の準備にいそがしいんですけど、我々がもし、おえら方の宴に混じって一品つまみ食いできるなら、何がいいかなぁという、まあ、そんなしょうもないことを話していたんですよ」
気さくで、身分官位を問わず、平等に楽しく対応する頭の中将斎信に、皆がざっくばらんに話しかけた。
「フナの包み焼きなんかどうだ?俺が今まで食べた中で一番ぜいたくなヤツだけど。包んだ葉を開けると、柚子の香ばしい香りが広がって、たまらんぞ」
修理亮がうっとりした顔で、皆に言う。
「紅鯉の鯉味噌もいいぞ。紅鯉の切り身に味噌をつけて」
「いや、鯉なら燻製だろう」
「どっちにしたって白粥三杯はいけるな」
食べ物の話となるとにぎやかなものである。
その中で、行成がひかえめに皆の話を黙って聞いてるのに斎信は気が付いた。
「どうしたんだい行成。君は宴に参加するんだから、希望料理を言ってごらんよ。あんまり静かだから、ここにいることに気が付かなかったよ」
斎信、一番最初に行成を見つけてるくせに、これである。
「…影がうすくて悪かったですね、斎信殿。鯉味噌もフナの包み焼きも近江のカモの照り焼きも若狭のカニもけっこうですが、やはり、宴が果てたあと、我が家でホッとくつろぐときに食べる芋粥。これが一番しみじみきますね」
それを聞いて、輪を囲んでいた男たちがドッと破願する。
「そうだよな!気を使ってくたびれ果てて、ようやく家に帰った時に食べる芋粥、いいよな。フーフーズルズルいわせていそがしく箸でかっこむのが最高だよな!」
「甘葛煎(あまずら)の汁をかけて甘くしたのなんか、もう、身も心も大満足だよな!」
左衛門尉や右中弁などはもううっとりだ。
「するどいトコをつくねえ行成。当日どんな料理がふるまわれるか、みんな楽しみにしておいてくれ」
「美味しいものがお下がりでくることを祈ってますよ、中将殿」
右中弁の言葉で、にぎやかだった輪もおひらきになった。
帰ろうとする行成に、斎信は声をかけた。
「行成。今日はもうヒマかい?」
「は。何も予定は入っていませんが」
と行成は答えた。
「ならウチにこないか?いちごがちょうど熟れ頃なんだ。一緒に食べないか?」
行成は突然の誘いに少し面食らったようだったが、YESと返事した。
そして斎信は、訪問時間を約束した。


未の時刻(午後三時頃)、夕方にはまだ早い時である。斎信の屋敷の中門に牛車がとまる。牛車から降りた行成は、「到着するのが少し早かったかな」と思いながら、寝殿へ案内された。


「やあ、いらっしゃい。待っていたよ」
斎信が機嫌のいい声で迎えた。
「お招きにあずかりました。斎信殿」と言いながら、行成は斎信の出で立ちを見てビックリした。斎信はなんと、桜萌黄の直衣を麻縄でたすき掛けにくくっている。
「た、斎信殿…」
二の句のつげない行成に、斎信は縄でくくられた袖を上げて言った。
「ああこれか?今ね、いちご狩りの準備をしてたんだ。一緒にしようと思ってさ。東の対の屋の裏手に家庭菜園を作っててね。日当たりのいい場所だよ。で、いちごが真っ赤っかになっててちょうど食べ頃なんだ。ほら、行成の縄もあるよ」
斎信は、行成の胸先三寸のところに麻縄を突き出した。
「直衣が汚れるって供のものにしかられるからね。ゆるく結べば直衣もシワにならないし。私は結ぶの上手いよ。収穫に慣れてるし」
屈託のない調子の斎信に、行成は困ってしまった。
私の目の前にいるのは本当に斎信殿なのか?今朝今上の御前に涼やかな顔で控えていた?頭の中将の?脳内にクエスチョンマークが乱舞する。縄結びに慣れてるって、慣れてるって?
固まったまま何も言わない行成の様子を諾ととった斎信は、しゅるしゅると行成の柳重ねの直衣に麻縄をおどらせて、手間を取らせることもなく同じたすき掛けにした。本当に慣れているようだ。


小半時後、二人は母屋の外側の孫廂(まごひさし)に座っていた。先ほど二人で収穫したいちごが台盤所からもうすぐやってくる。


本当に土いじりさせられるとは…しかしよく手入れされた菜園だったな。そんなに大きくなかったから、あれはきっと、斎信殿の趣味の一環で作っているのだろう。はかり知れないお方だ。このお方と共に今上のそばで仕事するようになってから、驚かされることばかりだ。まだ私が蔵人頭になる前、このお方を内裏でお見かけしていた時の印象は、殿上人がお手本にしたいような優雅な物腰で颯爽としている、外交上手な感じだった。しかもポイントを絶対はずさない仕事ぶりは常に冷静で、相手の気持ちを敏感に感じ取って柔軟に対応するきれ者と聞いていた。一緒に仕事をするようになってから、その思いはますます深まった。若々しい態度、やわらかな笑顔。端が少し上がり気味の形よい唇が、不思議な魅力で相手の眼をとらえる。なのに、このような無邪気な一面もあったとは。しかしまあ、いちごを摘み取る指先だけをみつめる作業というものは、なかなかいいものだ。何も考えなくてすむし。
最近のわずらわしい気遣いでいっぱいになっていた行成の心は、いつのまにか余裕を取り戻していた。


やがて、女房がいちごを持ってやってきた。いちごは、中ぶりな白瑠璃の碗にきれいに盛り付けられている。半透明な白い器に赤い色が輝いて、食欲をそそる。
「ああ、全部ヘタをとってくれたね。これなら手が汚れないな。さあ、我らが手ずからとったいちごだ。遠慮なく食べよう」
土汚れはよくて果物の汁はダメなんですか、と行成は突っ込みたいところだったが、一礼して黙って食べ始めた。
「どうだい美味いだろ。冬中ムシロで覆ってたんだ。ああいい香りだ」
そう言いながら斎信は小さな一粒を口にほおりこむ。行成も一粒食べると、多少酸っぱかったが、口の中から鼻腔へすばらしく甘い香りが突きぬけてゆく。
自邸にと誘いを受けたとき、何か内々の相談事でもあるのかと思ったが、この分だとそんなものはなさそうだ、ただ単に食べて世間話でもしたかったらしい。行成は、何だか拍子抜けした。しかし行成は、これも彼・斎信流のくつろがせ方かも知れないな、と思う。どうやら自分は始めての観桜の宴の準備でここのところ気が張りつめていたようだ。去年まではおえら方の様子すら拝む事も出来なかったのに、今年は今上の側で侍らなければならない、と。敏感に察して立ち回れる斎信殿のことだ、こんな自分に気を遣ってくれたのだろう。多少腰は痛いが、肩は少し軽くなった気がする。重く張っていた心が、発散してゆくようだ。斎信殿の、少し低いけれどよく通る声が、耳に心地よい。


斎信としては、単に自家菜園で一緒に収穫して、一緒に食べたかっただけなのだが、彼の人と成りを相当曲解した行成の中で、さらにお株があがったそうだ。
斎信君ラッキー、である。


(おわり)


2003.3.21


 
>>> 戻る