未来予想図


柔らかな早春の日差しが都大路にそそぐ二月の終わり、斎信は関白道隆の住む二条邸へ向かっていた。
表向きの用事はまったくたいしたことのないものだ。故父為光が祖父師輔からいただいた銀の薫物筥(たきものばこ)を一揃え、お見舞いがてら、関白にお譲りするというもの。ごく私的な訪問なので、服装も関白に対面するのに礼を失さない程度の、まあ気楽なものだ。しかしその本当の用事というのは。
正暦六年から長徳元年に改元されたばかりの二月下旬、関白道隆公は二度めの辞表を上奏した。うわさではどうやら飲水病を発病したという。
一度目に辞表を出した二月の初め。幸福すぎる中関白家に恨みや妬みを買われない様にと、全く辞める気のない形だけの上奏文が提出された。信じられないほどの強引な押し出しで身内だけを昇進させまくった挙句、ようやく世間体というものに気付かれたようだ、と裏で殿上人のあいだにささやかれたものだった。
その後、関白としての一世一代の慶事を登華殿で執り行なったあと、張り詰めていたものが切れたかのように、急速に体力が落ちていったという。


「飲水病ねえ・・・」
雲助関白。
それが、道隆公のあだ名だ。
宮中で1、2を争う大酒飲み。政務そっちのけで、毎日毎日、朝からそれこそ夜更けまで飲んだくれていた。いつかの葵祭りで、牛車の中で飲み仲間と正体なくすほどに飲みつぶれ、スダレを蹴り倒して、服は脱ぐわカンムリは放り投げるわの醜態をさらした道隆につけられたあだ名。
今上の唯一人の女御である娘定子がまったく懐妊しないあせりを、酒でまぎらわしていたのだろう、などとは善意過ぎる考えだ。元来、酒には強い御仁、酔いつぶれたようにみえてもある程度時間がたつとスッと抜けるらしい。が、精神力の方はそうでも、体は正直なものだ。長年の飲んだくれがたたって、とうとう二度目の辞表に追い込まれた。
・・・だから、『飲水病』と聞いてもそんなバカな、とは誰も思わなかったよなあ。
牛車に揺られながら、斎信は関白の日ごろの行状を、そのように思い浮かべていた。二度目の辞表が提出された時点で、斎信は今上に内密に勅命をいただき、関白の病状と邸内の様子の確認をするため、二条邸に見舞いの訪問に来たのだった。ありていに言えば、回復するのか、もうどうにもならないところまできているのか。殿上人の焦点は唯一つそれのみ。
・・・今上は、女御定子の今後に心痛めておられるかもしれないが、政局の行方を見据えることの方が、我らの死活問題に関わる。私が、関白邸に出向く事がわかっても、道兼殿も道長殿も、何も仰らなかった。中関白家にも道長側にも、どちらにも直接関わってはいない自分の立場なら、公平に観察や報告できると思われているのだろう。なにやら駒のように扱われている気がしないでもないが、なに、使いまわされるのが身上の頭中将だ。駒ならば、最高に使い勝手のよい駒でありたいよ。
そんなふうに思案しているうちに、牛車は二条邸の表門に到着した。


主人は病中でも、相変わらずきらびやかな邸内だった。磨き上げられた簀子、美麗きわまる几帳、外部者に対してスキのない女房の対応。主人の陽気な人柄を反映して、この屋敷の女房たちは皆、訪問者を退屈させない一流のくつろがせ方でもてなすが、今日の対応は少々違う、と斎信は感じていた。主人の準備ができるまでの間、廂の間で美しい若女房数人が話し相手になったが、表情がどことなく固い。強いて明るく努めている感じだ。だからといって、嘆き悲しんでる様子や、病状回復の祈とうの声は聞こえない。どこまでも強気な、弱味を見せない邸内の様子。
対面の準備が整った、ということで、部屋に通される。


「おお、よく来たの、頭中将」
「春とはいえ朝晩の肌寒いおり、少々お体の調子を崩されたと聞きまして、お見舞いに参りました」
平伏してなめらかに言上したあと顔を上げた斎信は、関白道隆を見て驚愕した。
「脇息を手放して座っているのがつらくての。見苦しいが、まあ許してくれ」
「お気使いなきよう、どうかそのまま、そのままお楽に願います」
顔色を変えないで答えるのがせいいっぱいだった。
何かの草紙で、こんな餓鬼の絵を見た気がする。地獄草紙だったか、飢餓草紙だったか。骨と皮ばかりの土色の皮膚。青黒い血管が手の甲に浮き出るばかりで、肉らしきものがほとんどない。落ち窪んだ両目のまわりは黒ずんで、かぼそい声は、腹の底から出せるような気力もなさそうだった。
道隆公は上機嫌に対応するが、もうあともどりできないところまで病状が進んでいるのは明らかだった。室内には、早春にふさわしい薫物の香りがただよってはいるが、腐りかけの柑子のような、飲水病患者特有の体臭を完全に消し去る事はできないようだ。あたたかな部屋にたちこめる、かすかにすえた匂い。きっと敷物にも几帳にも染み込んでいるのだろう。近くに控えている女房たちに、自分の狼狽した気持を知られてはならない、と努めておだやかに、心配している風に語りかけた。
「今上も二度目の上表文が出されたときには、お顔を曇らせて、心の底から案じておられる、と拝察いたしました。なんといっても、女御さまの御父君。女御さまのお立場が磐石なものになるまでは、まだまだご壮健でいてくださらねば。まことに恐れ多いとは存じますが、拝見しましたところお変わりなき貫禄ぶり・・・この斎信、必ずやご回復なさると改めて感じ入りました」
お見舞い言上としては、もっと美辞麗句なものがいくつも頭の中をよぎったが、心にもないおべんちゃらになるのを怖れた。適当なタイミングで伝来のお見舞いの品を差し出す。道隆は、なつかしそうに祖父師輔の愛用品のそれを手にとって眺めていた。そんな関白の肉のそげおちた手の動きを見るのがつらくて、斎信は控えている女房たちと会話を盛り上げようと、話題を二つほどひねり出した。しかし話は道隆自身にさえぎられ、かわりに切り出された「内密の打診」事は、頭中将が驚愕するに十分値するものだった。


「ごり押しにもほどってものがあるだろう」
帰る道すがら牛車の中で、斎信は憮然とした面持ちでひとりごちた。
『わしの病が回復するまでの間、息子の伊周に文書の内覧をお許しいただきたい。あれももう内大臣として一人前になったと思う。公卿への根回しはまだしておらぬが、この議、何としてでも今上の許可をいただきたいのだ。ご意向を伺ってはくれぬか』
わずか21歳で「内大臣として一人前」とはちゃんちゃらおかしい。お手盛り人事の親バカまる出しで官位をつり上げられただけの青二才に、どれだけ内大臣としての経験値があるっていうんだ。死ぬまでヒイキしていろ。
死ぬまで
―――
斎信は我ながら不吉な言葉が出てきたものだと思った。
・・・あれではもう、長くはあるまい。たった一人の女御が生みまいらせるであろう御子のことを思えば、おのれの血族でガッチリ後見を固めておく必要がある。内覧の許可をとりつけて、いずれ関白のあとつぎに、と既成事実をつくろうとお考えになったのに違いない。
後宮の女御がたった一人という、お気の毒だがお幸せな今上は、愛妃の兄上にいたく好意的だ。申し入れられれば、いやとは仰せにならないだろうが、さて、関白がお亡くなりになられたあと、あのお坊ちゃまが、腹黒公卿たちを抑えきって自力で関白の位にのしあがれるのか。いやいや道隆公は、最後の力をふりしぼって息子を関白の座に据えてから死ぬかもしれないし、そうなれば中関白家の、そのバックにひそむ高階一族の、この世の春になる。
一度「死ぬ」という言葉が浮かんだ斎信は、抵抗なく「関白死後」の政局に思いをはせる。向こうっ気は強いが他人の心が読めない伊周。出世は早いが政治的かけひきのヘタな伊周。まだまだ尻に青あざが残ってそうな幼児性を時たま見せる伊周。
その伊周が一番の関白候補だとは。
斎信は、その他の有力公卿を頭の中に描いてみる。
右大臣道兼殿・・・道隆公の弟。関白としての器の大きさはどうだろう。しかし入内するのにちょうどいい姫もおられる。道隆公に頭を押さえつけられて今まで女御を差し出せなかった公卿たちの先鋒になるだろうな。そういえば、大納言道長殿にも幼い姫がおられた。この方もいずれ女御にと差し出されることだろう。左大臣源重信翁・・・は、この関白争いの輪には入り込めない。『藤原』じゃないんだから。
役職柄、どこかに巻き込まれる心配はないし、不公平感でもって職務を果たしてはいけないが、それでも自分の信念は持っていたい。今上が、お心平らかに政務に励まれるお相手。腹黒公卿を束ねられるお方。美しく力強く活気に満ちた内裏を実現できるお方。そんなお方が今上のおそばで関白として執務の手助けをされる・・・それだけが私の願い。


『道隆さま。世継ぎの御子が見たいならお酒を我慢しろ、と言われれば我慢なさいましたか』


道隆の前を辞する際、こんなふうに聞いてみたかった。
それなら我慢できたか、と。
なんて答えるだろう。死を予告するようで、とても口には出せなかったが。
でも、あの屋敷のものは、みんなそう思っている。
お酒さえ控えていれば、このままずっと繁栄が続くはずだったのにって。




「やあ頭中将どの、こんな時期に優雅に練香の材料つきですか」
邸に遊びに来ていた実方中将が明るい声で聞いた。
「おしゃべりな女房がいたな。調香のことは秘密にしておけと言っておいたのに。まあね。忙中閑あり、というから。こうしておのれを見つめる時間をやりくりしているのさ」
「忙中どころか忙殺でしょう」
そう言って実方中将はハハハ、と笑う。
関白道隆の三回目の辞表が出された四月のはじめである。内裏と二条邸の往復で、斎信は文字どおり馬の鞍を下ろすヒマもないくらいの忙しい毎日だった。
「早めにお伺いしてみたら、女房が頭中将どのの居場所を教えてくれないんですよ。だから実方どのが女房をしつこくくどいてました。なるほど、頭を冷やす時間も必要ですよね。私も仕事仕事で先が見えなくなるくらいの状況になったら、マネして調香をしてみようかなあ」
一緒に来ていた宣方中将がさすがだなあウンウン、とうなずいている。
三月半ばを過ぎる頃から斎信は、二条邸と内裏の往復に追われ始め、自邸に帰るのはほとんど衣食の為だけ、という事態になっていた。今上の御前はともかく、伊周の前に出るのは仕事とはいえ辟易していた。なんで自分の思い通りにならないからって、ああも感情あらわに罵倒されなきゃならないんだ、と。
道隆公を見舞った日から、熟慮に熟慮を重ねた斎信は、中関白家に距離を置くことに決めた。
・・・仕事は仕事。本音は本音。たとえ道隆公が関白職を伊周に引き継いで死んだとしても、伊周には維持できまい。そうやって、じじ殿のあやしげな呪法にいつまでもすがりついてろ。次の関白の位がどなたにゆずられるのかは、私のような下っ端にはわかるはずもないが、・・・とりあえず、極上の練香をいくつか用意しておく必要はありそうだな。最低でも三年は寝かせなければならないし。他にも今から手を打っておかなければならないことは、いくらでもある。三年四年先を見越して動かないと、殿上人なんてやってられないよ。これからつくる練香は、国の柱となって今上をお支えするお方の娘にさしあげるもの。これから世の中は急速に変わっていく予感がする。はやり病もいつ宮中にしのびこんでくるかもわからない。だからこの気持は、今は秘して行動しなければ。
世の中の不穏な空気に実方宣方ふたりの中将は気付いているのかどうかは知らない。だが、これからやってくる未来の予想図を想い描いた時、楽観できる材料などどこをさがしてもないのだ。にこやかに二人の公達と話しながら、自分の信念を曲げるような日が来ることのないように、と祈るばかりの斎信なのであった。


(おわり)


2003/8/19




 <<< 戻る