×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 



プレッシャー



頭の中将はさがしていた。
秋の、やわらかな日差しがそこかしこに落ちている陽明門である。
つい二週間ほど前まではあんなに蒸し暑かったのに、今は乾いて透明な風が通り過ぎている。日差しはまだ暑さを残しているが、風はもうほどよく涼しく、頬に当たって気持ちよい。そんな風に吹かれながら、頭の中将はある人物をさがして、陽明門の陰をウロウロしていたのである。


中将の名前は藤原斎信(たたのぶ)。太政大臣為光の次男にして、先年蔵人頭になったばかりのピカピカの貴公子・28歳である。どれくらいピカピカかというと、帝の御用で後宮の渡殿を歩けば、女房たちの出衣が重なり乱れるほど御簾が膨らみ、応対する女房役も毎回殺気立ったじゃんけんで決めなければならないほどの人気ぶり。頭の中将本人もよく心得たもので、誰でもわけへだてなく無敵スマイルをふりまき身だしなみにも気を抜かない。いつでも物腰柔らかく優雅に、なおかつ颯爽とした態度。しかも職務に相応…いやそれ以上の才覚で近衛府をまとめており、彼がいるといないとで行事の華やかさもしまりもまるで違う…それくらいのまぶしさなのである。そんな外交上手を絵に描いたような彼が、なにゆえ供もつけずたった一人で木の陰から木の陰へ、隠れるように渡り歩いていたのかというと、本日対面する予定になっている、もう一人の蔵人頭の出勤をこんな所で待っていたのだ。
もう一人の蔵人頭とは、本日秋の司召の除目で、大抜擢された藤原行成。太政大臣伊尹(これまさ)を祖父に持ち…といえば誰もが前途洋々たる将来のご身分と考えるであろう。確かに、元服した当時の彼には、侍従というエリート子息の特権ともいえる職が与えられた頃もあったが、それからの彼の前半生は非運の連続であり、つい前年までは地下人だった人物だ。
地下人が蔵人頭を兼任する…頭の中将斎信はそれが気になって仕方なかった。


今年の春は大変だった。ハシカが大流行し、宮中の中納言以上14人のうち8人がなくなるという大事件があったのだ(現代なら現職大臣の過半数がいっぺんに亡くなるようなもの)。この後の未曾有の人事で、蔵人頭が源俊賢(としかた)から行成という人物に代わったのだった。後任の推薦権は前任者にあるとはいえ、どうしてそのような地下人が…斎信はそこがわからなかった。
いろいろな噂は聞いている。藤原実方殿と詩論をめぐってケンカになり、烏帽子を池へ投げ捨てられるという無礼をされたにもかかわらず、私情をおさえてうまく対処された現場を今上がご覧になり、行成の人柄をいたくお気に召されたとか、あるいは俊賢殿が、ご自分の身の上によく似ている行成殿を今上に推挙なさったとか、あるいはその両方が混ざった話であるとか。斎信としてはどのような理由であってもよかった。あの人格者俊賢殿が推挙した人物ならば、23という年齢にもかかわらず、相当の力量なのだろうと思われる。それに異議を申し立てるつもりはない。ただ、彼はこれから自分のパートナーになるのだ。地下人の身でしたので何も存じせぬ、ではこちらが困る。
頭の中将斎信は行成の姿を思い浮かべた。
従四位下だというから袍は同じか。なんだ、けっこう位階は上じゃないか。えっと私より若くて俊賢殿のまわりをチョロチョロしてたヤツ…だめだ、思い浮かばない。
除目は今夜の任命で、今から我こそがと多くの参内者が、ここ陽明門から左衛門の陣へ向かっている。行成という人物の姿かたちはわからないが、大抜擢で浮かれまくってるであろうから、大騒ぎしていばりながら歩いているヤツがいれば「それが行成」だと思い込んでいたのがまちがいだった。
斎信は心の中で舌打ちした。『自分こそが』と思い込んで、浮かれながら歩いているヤツらばっかじゃないか。
木の陰からの人間観察をあきらめた斎信は、自分も人ごみにまぎれて参内することにした。今頃は供の者が青い顔をして私を探しているだろう、と思いながら。


夜になった。猟官合戦でふるい落とされた者たちがいなくなり、殿上の間はようやく落ち着きを取り戻した。上達部たちとのあいさつも一通り済んだ斎信はようやくひといきついた。あとは新・蔵人頭と対面して、後宮の女御さまやら女房方に挨拶回りして…と考えていた時、渡殿の方から俊賢が殿上の間に入ってきた。若い男が一人、その後ろに控えるようについてきている。
「斎信殿。遅くなって申し訳ない。あちこちに挨拶してまわっておると、ずいぶん時間がかかるものだな。これからは後宮にもそうそう来れなくなるゆえ、自然とあいさつにも熱がこもってしまい、いやはや」
斎信は居住まいを正し、参議に昇任した俊賢卿に心をこめてお祝いの挨拶を述べた。
斎信より五つ年上の元・仕事仲間。左大臣源高明の三男として将来を約束された身であるはずだったが、ずいぶん苦労なされた方だ、しかしそのおかげか、清濁あわせもつ職務ぶりはほんとうに勉強になったよなぁ…と斎信は思った。
「斎信殿。こちらが新蔵人頭、行成殿だ。故義懐殿の甥に当たられる。行成殿、斎信殿は何事も心得ておられるから、安心してください」
と俊賢が紹介する。
ともかく行成殿にも挨拶だ。斎信は居住まいを正した。
「まちかねましたよ、行成殿。斎信です。よろしくお願いいたします」
「わたくしのつたないお願いをお聞き下さいまして、まことにありがとうございます。一向に世間を知らぬふつつかものですから、これからは何かにつけて中将殿の足手まといになることが多いと思いますが、遠慮なく教えてくださって、この行成を一人前にしていただきとう存じます」
おだやかだが、存外強い声だ。
「謙遜するな行成殿。斎信殿、この行成殿は精励という言葉を絵に描いたような男でな、自分を売り込む、という言葉を知らないような勤務ぶりで、ただただ己の職務に忠実に励んでおったところを、私が後任をお願いしたのだ。無理をきいてもらって感謝している。行成殿は、見た目はこのようにひかえめに見えるが、何、外見にだまされてはいけないぞ。剛直な仕事ぶりにすぐ驚かされるようになる」
俊賢殿が笑顔で言う。


小半時ほど、三人で自己紹介がてら談笑した。その間斎信は、行成を見るということもなく観察していた。ずいぶんおとなしそうな男だ。確かに、『猟官』とは縁が遠そうだな。後ろ盾がない分ずっと地味な生活だっただろう。しかし、蔵人頭を兼任するのならば、これからは正式な職のほうも、ぐんぐん昇っていくに違いない。ひかえめな話し方だが、頭の回転はずいぶん速そうだ。だって、あの俊賢殿の後任なのだから。並みの男では器量不足だ。
以外に好感のもてる新・蔵人頭に、斎信はホッとする。


やがて、俊賢が立ち上がった。
「では、これで引継ぎを終了しよう。斎信殿、ここにくる前に、行成殿にはほぼ仕事内容をレクチャーしたのだが、もっとも大事な場所にまだ連れていってはおらんのだ。そなたに案内してもらおうと思ってな」
「と、いいますと…」
「後宮だ。女房たちにまだ紹介してはおらん。引継ぎの挨拶は私一人で行った」
「!それを私にせよと…」
「ああ。きっと待ちかねておるぞ。新・蔵人頭とのコンビをな」
斎信は狼狽した。前任後任一緒に後宮に行って、とっくに挨拶したものと思っていたからだ。新・蔵人頭の人柄を値踏みしようと、鵜の目鷹の目で待ってるに違いない。女房たちの興味津々の視線や口攻撃から、後宮初体験の行成殿を守ってやらねば。きっと女性不信に陥って彼は泣きながら後宮を飛び出して行ってしまうだろう。自分だって、動揺せずに笑顔であしらえるようになるまで三ヵ月かかったんだ。
斎信はハラをくくった。いつのまにか左脇に差していた飾り太刀のつばを握り締めていたようで、俊賢はそんな斎信の様子を見て、ニコニコと笑っている。
「いやはや、そなたのあせった顔を、これからはそんなに見られないからな。その口をへの字に結んだ顔、次に後宮に行ったときの、話のいいサカナになるな」
あっはっはと景気よく笑いながら、俊賢は殿上の間を出て行った。


俊賢の出て行った方角を見ながら固まったままの斎信に、行成が声をかけた。
「…あのう、中将様?」
「…ああ、行成殿。『斎信』でいいよ。行こうか。女房たちがお待ちかねだ」
二人は立ち上がった。
かなり動揺している斎信ではあったが、行成に知られてはまずい。背筋を無理にしゃんと伸ばすと、いつものやわらかな微笑が戻っていた。
「少し女房方の話をしていこう。大回りにはなるが、庭に下りてぐるっと回ろう」
階を下りながら斎信が言うと、行成が尋ねてきた。
「ずいぶんと後宮の女房方を警戒しておられるようですが」
「いや、警戒してるわけじゃないんだ。何といったらいいのかな…油断ならない、というか…」
「警戒してるも、油断ができないも、同じ意味ですよ」
それを聞いて斎信は、思わずぷっと笑いが漏れた。行成の方を見れば、彼も生真面目な顔はしているが目は明らかに笑っている。
「君も、俊賢殿からいろいろ叩き込まれたんだろうねえ、女房と接する時の心得とかさ。女御付きの女房や今上付きの女房と円満に対応できるという事は、職務も円滑に進められると言う事だ。それだけで我々の仕事は6割がたうまくいく。そりゃあ気も使うってものさ。嫌われないように、かといってナメられてもダメだし…」
最後の方がヘンに愚痴っぽく聞こえたことに気が付いて、斎信は言葉を止めた。すると、歩きながら、何やらカサコソと音がついてくる。行成の袍の中からどうやら聞こえてくるようだ。
「行成殿。君、何か袖の中にいれているのかい?」
行成は、左腕を少し上げて応えた。
「ええ、薄様を十枚ほどしのばせています。俊賢殿に言われたものですから」
「え。なんで?」
斎信は不信に思い聞いた。
「斎信殿は、一日に何十枚も女性あてにお文を書かれると。『足りなくなったら、いつも私が貸してあげてたんだが、すっかり私の予備の薄様をあてにしている。だから行成殿もそのつもりでいてもらいたい』と、俊賢殿に言われました。恋文用の薄様と、普通の白い薄様。今の季節ではちょっと重ねには使えませんが」
さらっと行成に言われ、斎信は思わずその場に倒れそうになった。
俊賢殿!アンタ彼になにを吹き込んだんですか!
そういえば、俊賢殿、一人で先に後宮で挨拶済ませたって言っていたな。これでは私のことを何と言ったかわかったもんじゃないな。しっかりしろ俺。
「いろいろなことを俊賢殿はおっしゃったと思うが、…全部がほんとではないぞ」
「もちろんです。…実をいうと、俊賢殿は、私が内心緊張しているのがおわかりになったらしくて、紙の音に中将が気がつかれたらこのように言え、とアドバイスしてくださいました。それで気持ちがときほぐれたり、リラックスした会話のとっかかりができるだろう、と。
…昨日までは、よそから仰ぎ見ていたお方である中将様のお助けをして、帝をお支えするわけですから。昼過ぎに陽明門の後ろでたたずんでおられた中将様をお見かけしてから、ずっとアガッていた次第です」
…うろついてたのも見られたのか。
斎信は、すじ雲ものどかな青空を仰いで、はぁ、とため息をついた。
しかし。
少し頬を赤くして照れたふうに、でもまっすぐに斎信を見て答える行成の言葉に、斎信は何だかさっきまでの気張った心が緩んでいくのを感じた。師とも思っていた俊賢が去り、先輩としてがんばらねば、と必要以上に自らにプレッシャーをかけていたようである。行成は、見れば桔梗のような線の細いふうだが、青竹のようなのしなやかなもの言いで、相手を信用させてしまう何かを持っているようだ。この私にすっかり、気のおけない態度をさせている。
そうだ、苦労して一人で背負い込む必要なんてないよな。
斎信は先ほどまでと違った、軽くなった心で行成に言った。
「『斎信』でいいってば行成。ヨシ!今日は用意してくれた薄様を二人で全部使い切るつもりでいておくれ。対応した女房すべてにお文を書く覚悟でな。さあさあ行こう。後宮の女房がどれほどアクが強くて2枚舌で、かつ上手に隠してるか見に行こう」
「た、斎信殿。誰かが聞いてつげ口でもされれば、差し障りが…」
顔を青くしてあわてている行成の二の腕を組んで、斎信はハナうたを歌いたくなるような気分で、足取り軽く後宮へと続く庭を歩き始めた。




(おわり)



2003.3.18
初創作…ギャー!恥ずかしい!




 >>> 戻る