小夜衣 (さよごろも)


― 解説 ―

作者 ・・・ 不詳。一説には、承明門院女房の小宰相か。
成立年・・・ 不詳。文章からみて鎌倉期か。
<あらすじ>
当帝の兄冷泉院には、現中宮とその弟兵部卿宮という、二人のすぐれた子がいた。この兵部卿宮と按察使大納言姫君の継子いじめ風恋愛物語。
宮は、按察使大納言妾腹の子で母亡き後山里の祖母のもとで暮らす姫君と深く愛し合う仲となる。
だが宮は、関白の妹姫と結婚させられ、山里の姫君とは手紙ばかりになり、通いが途絶えがちになった。
按察使大納言は、本妻腹の姫を入内させようと腐心し、山里の姫君を邸に引き取り、後宮に付き添わせる。ところが、帝は入内した姫ではなく、つきそいで入らされた山里の姫を見初めてしまう。
山里からいなくなった姫を、心変わりと誤解した兵部卿宮は、その後後宮で姫を見つけるが、近づくすべがない。
按察使大納言の北の方は、入内した自分の娘より、帝が山里の姫君の方にご執心とのうわさに激怒し、姫を民部丞の家に監禁してしまう。
帝・大納言・兵部卿宮と、それぞれが姫の失踪を嘆くが、民部丞の妻の気転により姫を救出。父大納言と再会した後、宮は喜んで姫を自邸に迎える。
傷心の帝はその後譲位。東宮即位後は、兵部卿宮が新東宮へ。
山里の姫君は若宮を生む。やがて東宮即位。姫は中宮となり、父大納言は関白を譲られ、一族は繁栄した。




鎌倉期、京の都の没落貴族たちは、自分たちの先祖が味わった栄光を求めて物語をつくりました。継子いじめ風物語『小夜衣』もその一つ。平安朝盛時に立ち返らせてくれるこの物語も、当時の貴族たちにたいへん喜ばれました。
原文を読んでいて気が付くことといえば、豊かな自然描写や衣裳の色目などの細かい描写が一切ないこと、精緻な心理的会話がないこと。読者各自の想像にお任せする・・・ということなのでしょう。ストーリーがテンポ良く運んで、とてもフットワークの軽いお話に仕上がっています。小説というより、長編おとぎ話といったほうがよいかもしれません。
異本『堤中納言物語』ともよばれるこの物語、どうぞお楽しみ下さい。



■ 登場人物 ■
兵部卿宮・・・男主人公。先帝冷泉院の御子。
山里の姫君・・・女主人公。継母に厭(いと)われて山里の祖母と暮らす。
宰相の君・・・中宮付き女房。兵部卿宮と山里の姫君との間を取り持つはめに。
冷泉院・・・先帝。今上の兄。兵部卿宮と中宮の父院。
中宮・・・兵部卿宮の姉。今上の中宮。
按察使大納言・・・山里の姫君の父。
今北の方・・・按察使大納言のいじわるな北の方。山里の姫を嫌っている。
尼君・・・山里の姫君の祖母。姫を養育している。
少納言の乳母・・・山里の姫君の乳母。山を下りた姫に付き従う。
小侍従・・・山里の姫君の乳母子。山を下りた姫に付き従う。
二の姫・・・今関白の娘。東雲の宮の結婚相手。姉の姫は今上の弘徽殿女御。
梅壺女御・・・按察使大納言と今北の方の娘。今上の女御。
今上・・・当帝。兵部卿宮の姉を中宮に、関白家の大姫を弘徽殿女御とする。
弁少将・侍従・・・按察使大納言の子息。大納言と某先妻(故人)の息子たち。
右近・・・山里の姫付きの女房。山を下りた姫に付き従う。
民部少輔・・・今北の方の乳母子。今北の方の謀略に加担し対の御方を軟禁。
民部少輔の妻・・・人情味あふれる女。軟禁された対の御方達の世話をする。


■ 本文 ■
その一 その二 その三 その四 その五 その六 その七 その八 その九
その十
 その十一 その十二 その十三 その十四 その十五 その十六
その十七 その十八(完)
   





<<< 戻る