×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




  


■ 小夜衣 ■ 


<その一>


いつの年も五月雨の季節といえば、降りやむことのない雨をうっとうしく感じるものですが、今年も同じく、連日のように降り続く雨で京の都はしっとりと薄闇に閉ざされたようです。兵部卿宮のお邸でも、宮の無聊を慰めるために、友人方が連日集まってなんだかんだとお遊びに耽っていましたが、今日は仲間の訪問もなく宮はすることがありません。退屈まぎれの読書も飽きてしまいました。
「ああ退屈だ。そうだ、中宮さまのところにお邪魔して、女房たちの相手でもしてこようか」
兵部卿宮は、里下がりしている姉君の中宮が、同じくつれづれを紛らわしかねていると思い、御前に参上しました。外の肌寒い雨模様とは対照的に、中宮のおられるお部屋は大勢の女房たちが碁や双六などをうっていて、とても華やかな空気に包まれています。
「うっとうしい雨続きで何もすることがありません。こちらで慰めてもらおうと思い参上致しました。どうぞお相手ください」
中宮の御前で碁をうっている二人の女房のそばに兵部卿宮が座ると、年若な二人は頬を赤く染めて碁をうつ手が自然と止まってしまいます。どうやら人気者で評判の兵部卿宮を前にして、すっかり気後れしている様子。声も出せないくらいあがっているようです。
少し離れたところでは、女房たちが集まってうわさ話に花を咲かせています。女三人寄れば何とやら、おまけに年かさの女房とくれば、情報交換の声も部屋中に響き渡る勢いというもの。
「按察使大納言さまは、このたび姫君を入内させるとか。ずいぶん気合いを入れてお付きの女房集めに奔走しておられるそうですよ。どれほど美しい姫君なのでしょうね」
と女房の一人が言います。
「あら、その姫君よりも本当はね、先妻腹の姫君の方がすばらしく美しいんですのよ。またとないほどの美貌の持ち主ですわ。お小さい時に母君が亡くなられて、今は尼となっているお祖母さまのもとへ預けられ、ひっそりと山深い里でお暮しになっているのですけれど」
と、同じく女房の宰相の君が返事します。
「お父上の大納言さまは、その姫君をほったらかしなの?」
「時々は様子を見に行っておられるそうですが、問題は今の北の方さま。ひどくいじわるな性質でいらして、その姫君のことを頑として受け入れようとはなさらないんですって。お怒りになったら手がつけられないらしく、大納言さまもそれが恐さに姫君をなかなか構って差し上げられないとか」
「それではいくらお美しい姫君でも先行き不安ですわねえ」
「先行き不安と申せば、先日…」
女房たちのうわさ話は尽きることなく、次から次へと話題が飛び出します。しかし、兵部卿宮のお耳をがっちりと掴んだのは先ほどの按察使大納言の姫君の話でした。
まれにみる美女が、鄙びた山里にひっそりと暮らしているらしい。継母に疎まれて、それはそれは心細い毎日だとか。なんとおいたわしいことではないか。そんな寂しいお暮らしをぜひぜひ慰めてさしあげたい、いや、この私が慰めなくて何とする

兵部卿宮はその姫君にたいそう惹かれました。
「お気の毒な話じゃないか宰相の君。幼いときに母君に死に別れ、実の父君にも忘れられがちな薄幸の姫君。その山里の姫に一度お逢いして、ぜひともお力になって差し上げたい。何とかして都合をつけてくれないか」
早くも手引きを頼む兵部卿宮。取次ぎを頼まれた宰相の君は、
(確かに、いくら稀にみる美貌の姫君でも、どの殿方にも知られず埋もれたままでは価値もなし、というもの。それに、この兵部卿宮にふさわしい美貌の姫といえば、あの姫君以外にないかも。でもねえ、身分もお暮らしぶりもあまりに違うし、単なる気紛れな遊び相手で終わってしまったら、姫君がますますお気の毒だわ

色よい返事をためらっている宰相の君ですが、宮はといえば、「これこそ私の運命が与えたもうた山里の姫君」などと、早くも浮かれ始めているのでした。


この兵部卿宮の父上は、先の帝であられた冷泉院と申しまして、当帝の御兄君であられます。御子さまはお二人、その内のお一人は当帝の中宮であらせられ、その弟宮がこの物語の主人公である兵部卿宮であります。
御年十八で当代きっての評判の貴公子。出自よし美貌よし、学問よし楽才よしの三拍子も四拍子もそろったすばらしい宮で、世間では、「まるで仏が末法の世に降臨したのではないか」と大変なもてはやしぶり。
父院や母大宮などは、息子の姿が少しでも見えないと大騒ぎ、お忍び歩きの夜などは寝ずにお帰りを待つ始末。あげくの果てには、日の光からも月の光からもかばってやりたくなるほどの、つまりかなりの過保護ぶり。宮はそんなご両親の愛情が居心地悪く、はっきり申してかなりの重荷になっている様子です。



それ以来、兵部卿宮の考える事と言えば山里の姫君の事ばかり。どうにかして逢う機会を伺っています。そうこうしているうちに、姫と一緒に暮らしている祖母の尼君が体調を崩し、お見舞いに宰相の君が行くことになりました。
「心の中ではいつも案じておりますが、宮仕えが忙しく、なかなかこちらに参上することができませんで本当に心苦しく思っています。お具合は如何ですか」
と宰相の君がお見舞いの言葉を述べますと、尼君は、
「年をとりますと人恋しさが増すせいか、来ていただけないのを寂しく思っていましたよ。風邪をひいただけなのですが、年のせいか治りが悪く、こうしていつまでも床に伏せったままなのです。いえ、いつ死んでも惜しくないこの身なのですが、一緒に暮らしている姫が不憫で…私が死んでしまったら、将来もろくに考えてくださらない父君と、血のつながらない継母のもとに引き取られなければならないかと思うと、姫がお気の毒でならなくて。その気がかりだけが冥土の旅の障りとなっています」
と泣きながら訴えます。宰相の君も悲しくなって、
「ご案じなさるお気持ち、よくわかります。ですが、誰にとってもこの世は仮の住まい…お年が先行きを不安にさせているだけですわ。気をしっかりお持ちください。尼上さまがはかなくなられたら、いったいどなたが姫に愛情を向けてくれるというのです。実の父君でさえ細かな配慮はできぬというもの。それに噂によれば、父君は今北の方さまとの間の姫君を入内させるおつもりで奔走しておられるとか。そんな事情では、こちらの姫君をきちんと考えてくれるはずもありませんわ。
どうでしょう、この際、尼上さまがご健在のうちに、姫君にふさわしい殿方とのご結婚を考えてみては」
「姫に結婚?まあ、どちらの殿方がそんな申し出を?」
「どこから姫君の話を聞かれたのか存じませんが、じつは先帝の御子であられる兵部卿宮さまが、ぜひぜひこちらの姫君との交際を、と以前から熱心にお願いされているのですわ。こちらのご意向もありますからとお断りしていたのですが、未だに責め続けられて…もし、宮さまのお気持ちが真実のものでしたら、これほど幸せなご結婚はないでしょう。
たとえ父君の大納言さまに知られたとしても、背の君が兵部卿宮さまならいやな顔などするはずありませんわ」
病気の尼君は、とつぜんの縁談にひどくおどろいた様子。これ以上長居しては尼上の身体に障ると思い、宰相の君はそれだけを伝えて山里をあとにしたのでした。


宰相の君がお見舞いから戻ったと聞いた兵部卿の宮は、さっそく使者を遣わして、首尾はどうだったかと訊ねます。
「なにしろ気弱な病人のことで、急な申し出にびっくりして具合でも悪くされたらと思うとなかなかうまく話を切り出すことができませんで…申しわけございません」
との返事。宮は、待ち焦がれていた返事なのにひどくあいまいにかわされ、いっそう恋心がもどかしくも切なく燃え上がるのでした。


一方、尼君の方でも姫の乳母と相談を始めていました。
「どこに出しても恥ずかしくないほどおきれいな容貌ですのに、こんな寂しい山里で誰にも知られず埋もれさせてしまうのももったいないこと。それならばいっそのこと、宰相の君に姫をお任せしてもよいかしら」
と尼君がつぶやきますと、
「たしかに、尼上さまのご病状のことや、お父上さまのなさりようを考えますと、姫さまがいつになったら人として一人前になられるのか心配でなりません」
と乳母もため息をつくのでした。


兵部卿宮も、自邸で悶々とする毎日です。
「こんなにときめく恋は初めてだ。一度身の上を聞いただけなのに、頭から姫の面影(見たことないけど)が離れない。ああ早くお逢いしたいものだ。じれったいことよ」
と来る日も来る日も宰相の君を責めていますが、返事と言えば、
「尼上のお具合のことを考えますと、急にはとても」
ともったいぶらせるものばかり。しびれを切らした宮は、


『身の程を 思ひ知れども ほととぎす なほ初音をば いつかとぞ待つ
(我慢していますが、うれしい便りを今か今かと待っています)』


と和歌で催促してきます。「身分違いは不幸のもとと言いますし…」と臆する尼上と、「まだ色よい返事は頂けないのかい?」とせっつく宮の間に立たされて困り果てる宰相の君。和歌のお返事には、


『数ならぬ 身を卯の花に ほととぎす 初音を聞くも いかがとぞ思ふ
(ものの数にも入らぬ私なぞは返事もいたしません)
姫君はそう思ってらっしゃるのではないでしょうか』


と書きました。それを見た宮は、
「こんな他人の推測の歌より、見たいのはご本人の手蹟のお歌なんだけどなあ」
とがっかりしています。


貴い身分の兵部卿宮を、中途半端にいつまでもお待たせするのも申しわけなく、宰相の君はもう一度山里の尼君のもとを訊ねました。すると、尼君の病状が前より悪化しており、心配のあまり半病人のようになった姫君が、尼君のそばに寄り添って横になっているのでした。それはまるで、夏の朝露にしっとりと濡れそぼった女郎花のように可憐で、どんな心の強い高僧も誘惑されてしまいそうな風情です。宰相の君は中宮さまに仕えている宮廷女房ですので、高貴な女御さま方はもちろんのこと、上搶蘭[たちも見慣れていますが、今目の前に横になっている姫君ほど、華奢で可憐な女人は目にしたことがありません。
美貌の兵部卿宮のお相手にはこの姫君が最もふさわしく、またこれほど可憐な姫君が寂しい山里に朽ちてゆくのはもったいないこと…と宰相の君が病床の尼君を説得しますと、尼君は、
「今とても苦しいので、そのお話はあとにしてくださいな」
とひどくつらそうに言います。
「失礼は重々承知しています。尼上さまのお身体がお苦しい時にこんな煩わしいことを申す非礼も承知しています。ですが、高貴な宮さまが、こちらの姫さまに恋焦がれ続けておられるのがあまりにもお気の毒で・・・」
宰相の君は、姫君の乳母にも相談します。乳母は、
「尼上さまの病状はごらんの通りで、尼上さま自身、もう姫さまの将来を配慮できる余裕もないありさまです。ですから姫さまの今後は、あなたさまのご意向次第となりそうですが、問題は姫さまです。尼上さまを心配するあまり、心労ですっかり痩せ衰えてしまって…」
と答えるしかないのでした。
そんなこんなで宰相の君は尼君を看病するため、二、三日山里の家に滞在することになりました。



さて、ちょうどその頃、兵部卿宮は嵯峨野を訪ねていました。
宮の御乳母で三位の君という女房がいて、夫の大弐(大宰府次官)と共に筑紫に下っていましたが、夫の急死の後、尼になって、ここ嵯峨野で勤行生活をしていました。その御乳母が三月頃からふとしたことで病気になり、最近ではすっかり弱ってしまい、「死ぬ前に一度でいいから宮さまにお会いしとうございます」と便りを寄越してきたので、宮はお忍びで嵯峨野にお見舞いにやって来たのでした。
病気の御乳母を親しく見舞ったその帰り道、ふと目をひく小さな庵を見つけました。ささやかな小柴垣、筧(かけい)の水の音は寂しそうに、庵に住む人々はどんなに心細かろうと宮は思いやりました。
「ここは?」
「雲林院と申します」
従者が答えます。
雲林院という言葉には聞き覚えがありました。宰相の君が滞在しているところです。
「…そうか、ここがかの山里の姫君が住んでいる家なのか。とりあえず宰相の君に取り次いでもらわねば。どこだろう」
牛車を止めてあたりを見渡すと、真っ白な卯の花が垣根をつらねて咲き誇っているのが見えます。こんなすばらしい眺めなら、ほととぎすの初音を待つのもちっとも苦にならない、そんな卯の花に囲まれた家の様子を伺っているうちに、夕暮れがただよってきました。
垣根の向こうには小さな庵が見えます。どうやら仏間らしく、縁先に仏具を奉る閼伽棚(あかだな)があります。妻戸や格子も押しやって、お供えしている樒(しきみ)の花がはらはらと床に咲き散っているのが見えました。
「仏道修行に励んで、ひっそりとした生活を守っておられるようだね」
と兵部卿宮はうらやましく眺めています。仏間の奥のほうに女の童が何人か見え、その中に、宰相の君が召し使っている見覚えのある女の童の姿がありました。そこで宮は従者に命じ、その女の童に宰相の君を呼び出してもらいました。
宮の突然の来訪にびっくりした宰相の君が、大あわてで出迎えに出てきました。
「このような賤家に足をお運び下さるとは、恐れ多いことでございます」
「この近くに住んでいる人に用があってね。すると、あなたが滞在している家が近いというじゃないか。わざわざ足をのばしたというわけさ」
仏間の南面に御座所を用意された宮は答えます。
「かたじけのうございます。伏せっている病人が先行きももう長くはないようですので、こうしてこもって看病しております」
「お気の毒な…そんなに重いのかい?尼上の具合は」
宰相の君は、兵部卿宮の来訪を尼君に申しあげると、尼君は、
「尊い御方のお心に留めていただき、長く生きているとこのようなお恵みも頂けるのかとうれしく思っています。本来ならば、直接お礼を申しあげねばなりませんが、このように弱っておりますゆえご容赦くださいませ」
と消え入りそうな声で宮に答えました。その上品で洗練された物言いに、宮は大変感心します。
まもなく夜がやってきました。山の端からほのぼのと月が昇り、月影にたたずむ兵部卿宮は例えようもないほど美しい、と女房たちがほれぼれと覗き見ています。直衣の着こなし色合い、どれをとっても普通の人とも思えない風情に、「世の中にはこんな月の光の化身のような御方もいらしたのねえ」と夢中になって誉めそやしています。
兵部卿宮は、普段見慣れている広く豪華な邸とはまた違った質素なつくりの家を眺め、
「ねえ宰相の君。こんなに寂しいところにお住まいになられて、心細さはいかばかりだろう。胸が締め付けられそうだよ。はるばる山里に出向いた私の真心をわかってもらえたかい?こちらの尼上には、くれぐれも私のことを印象付けておくれよ?お願いだ」
と宰相の君に念を入れて言い含めます。
「ああ、もう帰らなければ。
ほととぎす 君が垣根に つたひ来て 鳴きてぞ帰る 逢はぬ思ひに
(ほととぎすは、逢えぬ思いを垣根で訴えては帰っていくのですよ) 」
卯の花垣根を打ち眺めて帰ってゆく兵部卿宮。名残惜しそうに見送る女房たち。宮が寄りかかっていた真木柱もしとねも宮の移り香が染みて、人目もまれな山里の女房たちは、
「まるで天人が降りてこられたような」
と大騒ぎなのも無理はありません。尼君も、
「すばらしい御方もいたものですね。あんなにすばらしい御方なら、たとえ仮そめの逢瀬でも、たとえそれが年に一度の七夕の逢瀬であっても、夜通し訪れをお待ちしたいもの。私の大切な姫もこんな尊い御方に縁付けて、安心してあの世に行きたいものですよ」
と感極まって泣くのでした。


屋敷に戻った宮は、さっそく山里に手紙を出します。


『尼上さまのお加減はいかがですか?夜の間も案じています』


こまごまと心のこもった言葉が書き連ねてあり、最後のほうに、


『錦木を 思ひ立ちぬる 甲斐もなく さて朽ちねとや 我が衣手は
(やっと決めた想い人なのに、このまま朽ちてしまえという事ですか)
…夜ごとに薪(たきぎ)の束を愛しい女の門に立てて、千束めに女を諦めた男の話がありますが、私もそうなる運命ですか?あれこれ心を乱しても、所詮は無駄なことなのでしょうか』


としたためられています。流れるような美しい手蹟は、山里に住む女たちが目にしたこともないようなすばらしいものです。
「ご返事は姫さまが直接なさいませ。せっかくの機会ですから」
と宰相の君が勧めますが、姫は手紙に見向きもしません。お返事に手間取るのも宮に失礼なので、仕方がないので宰相の君が代筆しました。


『数ならぬ 身には浮き木の 橋なれば 文見るさえに 危ふかりけり
(浮き木橋のようなはかない縁。手紙を見るのも恐れ多いことです)
年寄りの病状が思わしくありませんで、見捨てる事も出来ず…
「ありがたきお言葉に、露のような命ものびる思いが致します」と、尼上も申しております』


そのように返しました。


屋敷で返事を待ちかまえていた宮は、宰相の君の代筆の手紙を見てがっかりです。
「あーあ、ほんのひとくだりでいいから姫君自身の手蹟を見てみたいよ」
と恋焦がれる宮。そこには、都中の女人たちの賛美の的となっている才色兼備の貴公子の姿はなく、「一文字さえ見せてはくれない、なんと冷たい姫よ」とふり向いてくれない切なさに身をよじる、若い男の背中があるばかりなのでした。