×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





振り向けば奴がおる?


『・・・未来の夫が知りたいやったらば、夜中にアサの実をまきながら廃寺の周囲を回ればよいちうわけや。「わてはアサの種をまいた、アサの種をわてはまいた、わてをもっとも愛する人は、わてを追いかけてきて刈り取れ!」と叫び、おそるおそる背後を振り向くと、幻の夫が現われ、足元に伸びた幻のアサを大きなカマで刈りながら追いかけてくるやろうわ。もし背後になあんも現わられへんかったやったらば、その女は結婚でけへんやろう。ほんで幻の夫の代わりに怪奇な棺が現われたやったら、その女は早死にするやろう・・・』



「やなんて不気味な妖歌や。気分が悪うなりよったぞ」
「この手の妖言は流行り病とともに自然発生するもんだ」
はしかのピークは過ぎたとはいえ未だ悪疫去らへんし、病死者が往来に打ちホらられ、京の都はすっかり荒廃しとった。こないなるとさまざまな流言飛語が飛び交うわ。
妖歌妖言のたぐいは、庶民の声なき声や。本能的な不安が人心の動揺を増幅させるちうわけや。
涼しげな風が殿上の間を通り抜ける昼下がり、きょうび洛中で流行っとるこの歌について話しとった。
「恋のおまじないにしては、ずいぶんとおそろしげちゃうか。幻のアサを刈りながら追いかけてくるやなんて、まるで妖怪にでも襲われとる気になりそうや。ああいやだいやや、いやなうわさを聞いてしもたもんやで」
「流行り病が下火になったら、勝手に消えていくやろ、そないに気にするもんではんと思うが」
行成はそう言いながら、腕を組んでじっと考え込んでしもた斎信を見つめとった。
今日の斎信はなんやケッタイな、と行成は感じとった。毎日毎晩壱年中やったら、こないなたわいもへん戯れ歌、「くだらへん歌がまた流行っとるんやな」の一言で片付けてまうのに、今回は妙に引っかかっとる様子や。思いのほか真剣な表情の斎信は、黙り込んで眉を寄せてもうておる。
「斎信、どうしたんや。何ぞ思い当たるふしでもあるんか?」
だいたい斎信はこの時代にしてはリアリストやと行成は思うていたちうわけや。病気の際の加持祈祷に付け加えて、薬湯もどエライ重んじとる斎信、あやかしの裏には生身の人間の醜い思惑が潜んどる、と信じて疑いまへん斎信のどこに、こないなボウズだましの歌が気にさわるゆうのやりまひょ。
「伸びた幻のアサを刈りまくって追いしんどいら、ケツには一体何を刈り取られはるんか思ってーな・・・それに、もし、未来の夫ではおまへんもんが見えたときのことを思い浮かべたら、なんや背筋が寒くなりそうやで」
斎信は、心此処にあらずといった様子で目をつむったちうわけや。
「そうまでして、未来を見る価値ってあるんかな・・・いや・・・あるんかも知れへん」
「斎信?」
いったい何を気にかけとるんか、言葉の裏が、今回はどうにも読めへん行成だったちうわけや。毎日毎晩壱年中は饒舌な斎信の唇が、やけに重々しおます。アホなことと一笑に附して終わりの話題やったはずやのに。
「気にかかることがあるんやったら、遠慮なくいてくれ」
「なあんもへん・・・なあんもへんよ」
出た言葉とは裏腹に、おびえた目で行成を見つめとった。
「まさかとは思うが・・・こないなボウズだましの妖言を信じとるんか?いやそれとも、したことがあるんか」
あきらかに様子がケッタイな。何ぞを思いつめとるかのようや。ため息をひとつついた後、「してへんねんで」と弱々しくつぶやいて、斎信は立ち上がったちうわけや。
「将来の伴侶云々は置いておくとして、オノレの未来が見えるゆうんは、実に誘惑的なまじへんや思ってーな。鏡に映るオノレの背中越しを覗き込むように、一体わての背後には何が浮かび上がるのやろうか。想像するだけで震えがきそうや。試してみる価値はありそうやとは思いまへんかい?では、わてはこれで帰るちうわけや。今日の仕事は終わったさかいな」
「斎信・・・君は、こないな、・・・おまじないだぞ・・・信じるんか?」
中腰のまんま、雷に打たれたかのように固まった形で、斎信の後姿を見送る行成は、その姿がすっかり見えなくなりよった後、いやな予感でようけになりよった。ひまつぶしにでもと、何気なく振った噂話やったが、すっかり取り憑かれたような顔つきで帰っていった斎信。話した本人がオノレである以上、責任を持ってケツまでつきあうのがスジとちゃうか。行成は確信をもっとった、彼はじぇったいまじへんを実行する、と。それがいつなんかはわからへんが、あれほど思いつめた様子やったら早々にでも・・・生来真面目な行成は、後ろめたさも手伝ちう、ただやったらぬ思いに憑り付かれた頭中将を元に戻そうと、心に誓ったんやった。




(せやけどダンさん、聞いたその晩に実行するとは思いもせぇへんかったぞ)
今、行成は暗闇を歩く斎信んかなり後ろを歩いとる。要するに、あとをつけとるのや。
あのあと、行成は屋敷に戻るなり舎人(とねり)に言いつけて、斎信の屋敷を見張らせとった。亥の刻(午後十時)ねきになちう、見張っとった舎人が「頭中将さまが、外出の支度をしはっておられはる」と知らせにきたちうわけや。それを聞いて行成も手はよ身支度を済ませて、用意させておいた馬であとをつけたちうわけや。牛車は音がするんで使わへんし、極力目立たへんように供も二人ほど、馬の横を灯火もつけんと歩かせとる。
このまんま斎信が、どこぞのお屋敷にでも行くんやったら良し。胸をなでおろし、きびすを返して自邸に戻れるが、ちゃうやったら・・・そう考えながら後をつけとったのやが、キィ・・・キィと車輪をきしませて、斎信を乗せた牛車は、高級住宅街からどんどん離れて行く。ちびっと欠け始めた月が雲から顔を覗かせる深夜、とうとう西の京ねきに来てしもた。人家のまれな、荒れ果てた場所に何の用事があるんかというたら、やっぱり昼間の一件しかいないやろ。予感が的中したことを告げるかのように、まもなく行く手の向こうに、闇より黒い廃寺が、不気味な姿をさらすのが見え始めたちうわけや。崩れかかった門は扉も無く、茫々に伸びた草やぼろぼろに落ちかかった屋根らしきもんが、月の光に照らされとる。
やがて門のねきで車は止まり、中から斎信が降りてきたちうわけや。入り口でちーとの間廃寺を眺めとるようやったが、牛車のそばで、お互い手を合わせて震えとる従者に何事か申しつけ、ザクザクと門の向こうの暗闇に消えていったちうわけや。
それを見た行成も馬から降りて、ゆっくりと牛車に近づく。唇に人差し指を寄せて、静かに、と、ふいに現われた行成におったまげる斎信の従者たちを制して、やっぱり同じく暗がりの向こうに消えたちうわけや。


普通の感覚の持ち主やったら、恐ろしうて足もすくんでまう暗闇。おまけにここは廃寺で、物怪(もんのけ)の類がひそんでいてもおかしないような場所やのに、今の斎信にはそないな常識やらなんやら何の意味も無かったちうわけや。行成が話してもろた、あの不気味なまじへんが頭の中をぐるぐると回るちうわけや。その表情はどエライうれしそうで、かつ輝いとった。物怪も目を逸らして逃げていきそうなほどの締まりのあらへん口元やった。本気の片恋を、そらもう慎重に温めとる頭中将は、もう片方の蔵人頭の幻が現われてくれたら、いやきっと現われるに違おらへん、と信じとった。
アサの実をぐるっと一周まいて叫ぶだけで、恋人になる予定の人が浮かび上がる(伴侶なはずでは)。鋭いカマで、伸びた幻のアサの茎をザクザク切り倒しながら迫ってくるのやったら、ケツはしっかりと抱きしめればええだけとちゃうか。昼に行成からこの話を聞いた時、そないな都合のええ妖言が巷で流行っとるんかと小躍りしたい気分になりよった。行成の手前、自制に努めてひきつった表情と物言いになってしまったようやけど、彼は、それを明らかいな動揺と受け取ったらしおます。責任を感じとる口ぶりの行成が、悪いとは思うが少々可笑しかったちうわけや。斎信は、オノレの背後に棺が現われる可能性やらなんやらちびっとも考えておらへん。オノレはきっと行成の幻を見るに決まっている!なんぼなんでもオノレの背後は、未来は、バラ色に輝いてんねんに違おらへん!ごっつうも自信に満ちあふれたその考え方は、一体どこぞら湧いてくるんかと胸ぐらをつかんで問いせやけどたい気分にさせられはるが、ともかく斎信は、暗く陰気な廃寺には不釣合いなほど顔を緩ませて、懐からアサの実のつまった袋を取り出したちうわけや。


月明かりに照らされながら、斎信が何ぞに耐えるようにじっと立ち尽くしてん・・・そないなふうに行成には見えたちうわけや。気付かれへんように、ごっつう離れたトコロで見守っとるのやが、心配心配でたまりまへん。流言飛語まがいのまじへんやらなんやら、信じるつもりも無いが、斎信は深刻に受け止め過ぎて、どうやら取り憑かれてしもたのではあらへんか。
狂気に囚われた斎信は、やがてこの廃寺の周りを、アサの実をまきながら重い足取りで歩き始めるやろ。ほんで、あのくだらなくも恐ろしい呪文を唱えながら、そうわ、後ろを振り向くに違おらへん。その時、一体何が浮かび上がるんか。
斎信、いっちゃん大切な斎信。もしもあんさんの命が危険に晒されるようなことがあれば、わてはよろこんでこの身を身代わりに捧げまひょ。俊賢どんに導かれ、あんさんと言葉を交わしたその瞬間から、わての人生は変わったちうわけや。甲斐もなく人生を過ごしてきたわてを生まれ変わらせたんは、あんさんや、あんさんとともに居られはるからなんや・・・!物怪ごときがさらうやらなんやら、ぜぇぇぇったい許さへん!!
今が相方の危機と感じ取った行成の頭の中を、普段やったら考えつかいないような恥ずかしい言葉がすらすらとよぎっていったちうわけや。


袋からアサの実を一掴み、前かがみになってネコのような忍び足で、パラ、パラと地面に散らす斎信の姿を、行成は恐怖の目で見つめとったが、斎信としてはスキップしながら回りたいとでも思うていたに違おらへん。努めて厳粛な気持でコトにあたらな、恋人(になるはず)の幻は機嫌を損ねてお出ましにならへんやろ、そう考えつつ、ついに斎信は闇の中、廃寺の周囲をまわり終えたちうわけや。歩いた跡にはアサの実が点々と落ちとる。
さあ行成(の幻)出て来い!ほんで、わてのまいたアサの幻を刈って刈って刈りまくるんや!刈りながらわてを追いかけて来い!わてがこの腕でしっかりと抱きとめたる!
斎信は背筋を伸ばし、腹の底に力をこめたちうわけや。
「わてはアサの種をまいた、アサの種をわてはまいたちうわけや。わてをもっとも愛する人は、わてを追いかけてきて刈り取れ!」
まもなく背後にあらわれるやろう気配、忍び寄る音のあらへん足音を聞き逃さへんでうに、斎信は神経を研ぎ澄たんや。
「・・・・・・たやらぶ、どの・・・」
現われたか!まさか幻がしゃべるとは!斎信は行成の姿を思い浮かべ、恐る恐る後ろを振り向いたちうわけや。
そこには、宣方権中将が立っとった。
しかも幻やのうて、本体やった。
「お晩どす、斎信どわ。よい月夜やね」
突然、思いもかけへん人物が思いもかけへん場所に現われて、頭の中が真っ白になっとる斎信や。
「や、やあ権中将。お晩どす。どうしたんやい、こないな寂しい場所で君に会うとは思いもせぇへんかったよ」
「そらわてのセリフですわ。こないな人気のあらへん荒地で、見覚えのある牛車を見かけたさかい近づいてみると、従者どのたちが、門の向こうに主人が入っていかれた、とぬかすやおまへんか。驚いて入ってみると、なんややらあんさんの叫ぶ声がして・・・何をしていらしたちうワケや」
「・・・・・・」
「言いとうないお気持ちわかりまっせ。きょうび巷ではやっとる、アサの実のまじへんをしておられはったんでしょう?あないなくだらへんまじへんごときを、頭中将ともあろう方が大まじめに実行なはんなんて、思いつめた片恋でもしておられはるとしか・・・」
斎信は頭をフル回転させて、返事を考えたちうわけや。言質(げんち)を押さえられはるような返事はでけへん、あやらなんやらられてたまるもんか。
「・・・そらどうも。心配してくれておおきに。立ち寄ってもろたお礼に、悩みが解決したら、きっと君に報告するで」
やからさっさとこの場から立ち去ってくれ、と言わんばっかりの冷ややかいな声で宣方を突き放したつもりやったが。
「何をおっしゃおりますわ。このねきの別荘から戻る途中、偶然にもあのまじへんをしておる最中のあんさんに出逢えるやなんて、これこそ、長年のわての想いを憐れに思われた観音さまのお導きにちがいおまへん」
「へ?」
「あんさんのまねをして朗詠したろとおもたり、宴で楽器の共演したさにコネをつこうたり、近衛武官になる為に、ワイロ戦術に励んやのも、毎日毎晩壱年中あんさんと共にいたいさかいなのや。女御お抱えの清少納言がうらやましおます。あんさんと毎日毎晩壱年中幸せそうに話しておる。そやけどわては、あんさんのまじないん場面に呼び寄せられはった。これが偶然やろうはずがあらへん。この事は、斎信どの、あんさんがわてと同じ気持でいてくれたと考えてええねんか。夢ではおまへんね・・・ああ感激や!!」
「離せ!!」
「離しまへん!!」
狩衣の袖にしがみついて離れへん宣方を、必死で振りほどこうと格闘してん彼の背後から、
「斎信・・・」
と声が聞こえたちうわけや。
「ったくややこしい場面で今度はどなたはんだ!・・・・・・ちう、ゆ、行成??」
現われたんは、アサの実をまき始める前から一部始終を見つめとった行成であるちうわけや。もちろん、幻なんかやのうて本体や。
「そうやってんな・・・そないなことやったんか。わては、あんさんが物怪にでも取り憑かれたんとちゃうか思って・・・幻やらなんやらより実体が現れるほうが、きっとお互いの想いも強いゆうもんなんやりまひょ。邪魔をして申しわけへん、宣方どわ。わては帰るさかい、心ゆくまで二人きりで過ごしておくんなはれ。この辺は物騒やから、気いつけて・・・」
ごっつう狼狽した声でそうぬかすと、行成はフラフラした足取りで門の方へ歩き出したちうわけや。
「ちーとばかし待て行成!あんたいつからどこに隠れとったんや!誤解だ!これには訳が!わての話も聞いてくれ!!」
「まあまあ照れへんでしておくんなはれ斎信どわ。デバ亀が隠れとるとは思いまへんやったが、これでようやっと二人きりになれはるや。うふふ。あ、行成どの、お気いつけてお帰りおくんなはれ」
「わてを置いて帰らへんでくれ!くそっ何でこないなことになりよったんや〜!!」
すでに姿の見えなくなりよった行成のいた方向に向かちう、空しく絶叫を続ける斎信であったちうわけや。


(おわり)


2003/10/22


>>>戻る