狭衣物語


その一


『ともし火を背けては、ともに憐れむ深夜の月。
   花を踏んでは同じく惜しむ、少年の春』

過ぎ行く春は留まらないもので、もう三月の二十日過ぎになってしまった。狭衣の中将の邸の庭の木立も、どことなくのどかに青みがかってきた。
池の中島で咲き誇る藤の花は、春の終わりから初夏の季節を迎え、山からやってくる時鳥を待っているらしい様子である。そして池のほとりの山吹は、今が盛りに咲き誇っている。

…光源氏が朧月夜の君のために折った藤の一枝も、このような華やかさであったのだろうか。

狭衣は、こんなふうにいつまでも飽きずに見続けていたが、やがて、側仕えの小君に、藤と山吹を一枝ずつ折らせ、対の屋に住んでいる従妹の源氏の宮の方へお渡りになった。
源氏の宮の御前には、中納言、中将などの女房が侍っていて、つくり絵などをしていた。宮はといえば、脇息に肘をついて寄りかかり、女房達の様子をながめている。

「この藤の花が夕焼けに照り映えているのは、たいそう見事ですね。東宮も、『盛りの時には必ず見せよ』とおっしゃっておられましたが、今すぐお見せするわけにもいかず、さて、なんとかして御覧に入れたいものですね」
と狭衣は、先ほど手折った藤の枝と山吹の枝を源氏の宮に差し上げる。源氏の宮は脇息から体を起こし、それらの枝をながめた。
藤の枝を見ている源氏の宮の目元やふっくらした頬。狭衣は、花々の美しさにずっと勝っている源氏の宮の美貌を見るにつけ、たまらなくせつない想いに駆られる。枝を持つ宮の小さな桜色の手が愛らしく、狭衣は、思わずその手を自分の方へ引きつけて抱き寄せてしまいたい想いを抑える。

源氏の宮のいる対の屋から自室に戻った狭衣は、母屋の柱に寄りかかって座っていたが、心の中は源氏の宮への想いがあふれ出そうだった。なに、いつものことだ。
しかし、いくら想いをつのらせようとも、その想いを彼女に伝えることはできないのである。


堀川大殿と申し上げる大臣は、おそれおおくも今上および一条院と呼ばれる上皇の御兄弟である。御母君も皇族の筋で、父母のどちらの方面からいっても尊い御血筋で、並みの大臣と申し上げるのも恐れ多いけれど、堀川大殿は、前世で何の罪を犯されたのか、現世ではただ人となられた。まだ今上や堀川大殿が若かった時亡くなられた故院が、当時の帝(現上皇)にご遺言として、堀川大殿を臣下に降ろすよう伝えたのだった。

その後、大殿は二条堀川の辺りに大邸宅をかまえ、四つに区切り、贅を尽くして飾られたそれぞれの御殿に北の方を三人お住まわせになった。堀川寄りの南北二町分という広大なお邸には、故院の御妹であられる前斎宮の御方が住んでいる。洞院と呼ばれる北東の一町には、太政大臣の御女であり上皇の后の御妹でもあり東宮の御叔母でもある洞院の御方が住んでいる。そして、坊門と呼ばれる東南の一町には、式部卿の宮の御女が坊院の御方として住み、みなそれぞれ美しく平和に住みこなして栄えていた。
坊門のお方は、三人の中では身分がそれほどすぐれてはいないので気の毒なはずであるが、女の子を一人生み、大切に育てて、今では入内して後中宮としてときめいている。中宮は、今上の一の宮をお生み申し上げ、坊門でお育てしているので、東南の一角はかぎりなくめでたいご様子であった。

三人の北の方は、それぞれの町を仕切る築地壁を隔てて住み、大殿はそれぞれに通っている。こうした三人の中でも、大殿は、気立てもよく容貌も美しい前斎宮の御方をことのほか愛され、男の子が生まれた。それがこの物語の主人公、狭衣の君である。そして先に出た源氏の宮というのは、故院をまだ今上と申し上げていた頃に、院が某中納言の女に生ませた女宮である。
父院は、人生の終わりにたぐいなく美しいたからものを手にいれたことよ、と今更のほだしを心苦しく思われたが、まもなく女宮が三つの時、父院も母御息所もあいついで亡くなり、女宮は気の毒な身の上になってしまった。狭衣の母である前斎宮の上がこの女宮をたいそうかわいがっていたので、すぐにお引取りになり、実の子の狭衣と同じ心で愛し、わけへだてなく大切に慈しんだ。そして幼い狭衣と源氏の宮は、御簾も几帳も取り払われた中で育った。堀川大殿も、故院からお預かりした御子だけに、実の娘の中宮より心をこめて、特別な配慮を加えてお世話していた。


狭衣十八歳。今は二位の中将である。普通の若公達はこれくらいの年頃には中納言にもなるようだが。この狭衣の中将、光源氏もかくやと思われる位、万事にすぐれすぎており、かえって禍のもとになるかと両親はひどく心配している。和歌に楽に手蹟に、類まれなる才を持ち、容貌はいうまでもない。
両親は、二位の位階さえ、まだまだ早過ぎると、幼い子供を見るような気持ちで不安がっている。才能あふれすぎる狭衣が、普通の殿上人のように宮中勤務するのが気の毒との、今上のご配慮で二位になったのだが。
狭衣の母宮などは、「わが子ながら狭衣は、天人の生まれ変わりで、この世にかりそめにとどまっているだけなのではないだろうか」などと心配し、狭衣の一挙一動をいちいち気にして、心休まる暇はなさそうである。雨風の強い日も、月影さやかなる夜も、「狭衣に天からの迎えがあるのでは」と母宮は不安なこときわまりない。狭衣自身も、幼い頃から両親にこのようにいつも心配されて育ったため、
「いつもうつうつと心重くつらく思うこの身は、いずれ天上からのむかえがあるからなのか」
と、たえず悩ましい気分だ。

世間の人も、狭衣のことは普通の人とは思っていず、「狭衣こそ、末法の世に現れた仏の化身ではなかろうか」と手をすり合わせ涙を流すほどだ。
狭衣に会う人は誰でも、わが身の心配も悩みもすっかり消えてゆく心地がする。父大殿も母斎宮の上も、たとえ狭衣がけしからぬ事や過ちを犯したとしても、自分たちの諌める言葉が狭衣をほんの少しでも傷つけ不愉快に思われるのが恐ろしく、決して逆らうような事はしない。

光り輝く御かたち。心ばえや学問は、高麗・唐土にも類なしと、人々はもてはやす。道風や行成の筆跡と比べてみても、狭衣の手蹟は今の時代の好みに合うのだろうか、古の名筆家より勝っているとの評判だ。
また、琴・笛の音につけても雲井に響き澄み渡り、鬼神も涙するというほどの才能をしめし、「不吉なほどでは」と父大殿や母斎宮の上を心配させる。狭衣も心得たもので、それほどの才能を持ってはいても、父母になるべく心配かけないようにと、万事につけて無風流で無趣味な様子で過ごしている。漢詩を朗詠し、催馬楽を詠い、法華経を読むさまは、すばらしく魅力的でなつかしいご様子であり、人々はそんな狭衣を見ると、身の憂いも忘れ、命が延びる心地がするのである。
このように何ごとにもめでたい有様の狭衣ではあるが、父大殿や母斎宮の上は、愛息子の身の上がひどく気がかりで危ういものとしていつも心配していた。


狭衣は、世間の男によくあるような軽薄な心は持ってはいなかった。
それどころか、普通の男に比べ、女に対して興味がない様子で、そんなつれない態度がかえって女たちの気持ちを煽らせた。狭衣がごく稀に一行も書き損じた筆跡を、たからもののように大切にする女たちも多く、狭衣がでまかせに、もののついでに言われた一言も、女たちのほうは味わい深くひどくうれしいと思い、ましてや狭衣と一晩共に過ごした女などは、暁の別れに身も心も消え入るような思いをし、袖口を涙で濡らす。

そうした女たちと一晩を明かしても、誰一人源氏の宮のかわりになろうはずもなく、いよいよつまらなさがつのって行くようであったが、狭衣は、身分の高い方々に関しては、おだやかに情愛こめて丁寧に扱われ、季節折々のお文なども心を尽くし、どなたのところにも平等に訪れる様子は、まるで蜻蛉が飛び回るようである。女の方は稲淵の滝のように想いがつのるが、女の恋心がつのればつのるほど、狭衣の方は冷めていく。


幼い頃からたいそうかわいらしかった源氏の宮ではあったが、十五になる頃には、すばらしい美貌の持ち主に成長していた。狭衣も、源氏の宮の幼い頃からそれこそ本当に几帳も取り払った中で一緒に育ち、幼い姫とはまあこんなにかわいいものよ、と思う毎日であったが、この頃は、その人柄と美貌に触れる度、この源氏の宮のような御方と結婚したい、結婚できないならば生きてる甲斐もない、と深く思い込んでいる。その想いがあって、他の女性にはどうしても本気になれないのであった。しかし、いかに本気になれないとはいえ、
(一度くらいは垣間見たいものだ、ああこんな時、『隠れ蓑』という物語のような蓑があれば、どんな高貴な姫君でもこっそり見ることができるのに)
と、けしからぬ想いを抱いている。しかし、たまにそのような高貴な姫君への手引きが叶い逢ってみると、やはり源氏の宮の方がずっとずっと魅力的だ、と、あらためて源氏の宮を恋しく思う狭衣であった。


このように、せつなくつのる恋心を表に出す事も出来ずに、うつうつとした毎日を送る狭衣中将の様子を、ご両親である大殿や斎宮の上が御覧になって、「沈みがちな、いつものお癖ですこと」とますます心配する。

それからしばらくして、そんな美貌の源氏の宮を、東宮がご所望になられるという噂が立った。本朝第一の麗人と噂される源氏の宮を、いずれ東宮が入内をお望みになられるのは、誰もが予想していたことであった。今上も、ご自分の血縁関係にあたられるこの源氏の宮を、「よくも今までよそよそしく、お世話もしなかったことよ」と気がかりに思し召され、かといって軽々しく対面することもかなわぬ身であったので、この縁談を大層喜んでおられる。
一方、育ての親である堀川大殿は、「まだ早く、もう少しお年頃になってから、お目にかけたいものだ」とは思っているものの、どうしたものかと、心に決めかねているようだ。

そんな事情もあって、狭衣は、いくら源氏の宮と親しくお話しようとも、恋心を打ち明けるそぶりさえ許されないのであった。