×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  


いどばた無名草子

              (その三)

中務
「まずは『源氏物語』よ。今さらだけどほめる言葉しかでてこないわね。よくもまあ、こんな物語を作ってくれたものだと思うわ。神か仏が依りましたとしか、思えないくらいね。『源氏』以前はあっても、『源氏』以後はなくなっちゃたと言っても、言い過ぎじゃないと思うわ。亜流のおはなしばっかりで、どの作者も『源氏』の呪縛から逃れていないみたいだし。
まあ、わたしたち読者が、『源氏』的なものの新作を求めちゃってるのも、事実なんだけど…。でも、このおはなしのおかげで、どれほど日々のつれづれが、華やいだものになってるかということを考えたら、どれほど感謝しても、し足りないわね」

右近
「わ、わたしまだ、そのおはなし見てないのよ!!聞かせて!」
少納言
「アンタこれ読まないで今まで暮らしてきたの?よく目にも耳にも触れずにやってこれたわねえ。受領一家が遠国に渡る時だって、全巻写本していくご時世よ」
小侍従
「ま、まあ。あんまり身近にありすぎて、かえって実物を見てないってことはよくあることだわ。右近の君もいい機会だわ。尼君さまに、この際、洗いざらい全部かたっていただきましょうよ」

こういう時は、まず一度ご辞退申し上げるってのが作法で、「まあそうおっしゃらずに」と言われて「そうですか、では」と謙遜しながら切り出すってのが昔からのしきたりなのよ。実際、手元に写本がなかったけど、若いときから何千回となく読みたおしてきた『源氏』。どこをつっこまれても批評できるわ!

中務
「尼君さまは、どの巻が一番すばらしいとお思いですの」

またずいぶんと、漠然なとこからはいってきたわねぇ。

老尼
「そうですねえ。『桐壺』、『夕顔』、『葵』、『御法』などは、人の死の悲しみをとても優美に描いていて、じつに『あはれ』を誘います。
一方で、『紅葉賀』、『花宴』、『賢木』、『蓬生』、『野分』などは、人の動きや情景描写と自然の美しさが融合して、えもいわれぬ艶があります。
しかし、何と言っても一番のクライマックスは、『帚木』、『若菜』ですわ。多くの登場人物の心理描写を見事に書き分け、ストーリー的に破綻せずに全ての読者を感動させられるなんて、『源氏』以前も以後もありません。全巻通しての見どころといえば、やはりこれに尽きるでしょう」
小侍従
「では、尼君さまは、どの女性に一番心ひかれますか」
老尼
「やはりわたしは、すぐれた心ばえの方にひかれます。桐壺の更衣や藤壺の宮、紫の上はいうまでもありません。葵の上も、彼女なりにせいいっぱいの心遣いをしていますし、明石の上も、忍従の日々を思えば胸が痛くなります」

少納言
「艶やか、といえば朧月夜の尚侍ね。身の破滅がわかっているのに、男の方が求めずにはいられないってヤツ?奔放よねえ。心の強い人、といえば槿の宮と空蝉の君ね。でも、同じ心の強さを描いても、身分の高い方は意志が強いっって感じを受けるけど、身分の低い空蝉なんかは強情だなって思うのよ。だから、強情はったくせに、老後に源氏邸で安隠に暮らしてるのが、どうも気にいらないのね」
小侍従
「空蝉は、身も心も許さなかったのかしら、それとも心だけは許していたのかしら…」
少納言
「さあね。でも、迫られて拒否したくせに、心はあなたのものなんて、そんなんアリ?ある意味
倒錯よ。ああ、でもそれで言ったら、宇治の大姫は空蝉といい勝負してるわ。考えてばっかで不行動。そして自滅」
右近
「いろんな女性のタイプが登場するのね」
少納言
「まだいるわよ。花散里。ルックスは三流だけど、こころばえで源氏の君の心をつかんだの。理想の家庭婦人ってことで、源氏の息子の夕霧の養育を任せられたのよ。天は二物を与えずよね。今の時代、美しさは何にも勝る徳なのに。美しいから優しい、賢い、前世がすごいとかね。現実に反するキャラ?あと、容姿も性格も三流以下だけど、『
てる』っていう人物特性だけで源氏の君を感動させた人に、末摘花って人がいるし」
中務
「六条の御息所は、プライド高すぎて自滅するのよね。でもある意味うらやましいわ。その美しさとキョーレツな性格で、後世の芸能に名を残すらしいじゃない?でも、娘の秋好中宮…あれはイヤ。身分はすんごく高いけど、才色兼備のお母さんに比べて、
凡々ちゃんよ?どういうこと?おそれおおくもお父さんの東宮さまが、凡人だったってこと?あの人のくだりを読んでたら、身分が高いっていうだけで、どうして源氏の君があれほど執拗な迫り方するんだろうって、腹が立つのよ。まあ、身分と美しさが今の時代、全てなわけなんだけど」
小侍従
「玉鬘、わたし好きよ。人生の前半部分はずいぶん苦労したけど、その苦労さが、光を当てられて以降、全てプラスになってるわ。しのぎをけずる求婚の嵐も、源氏の君のよこしまな誘惑も、とてもナチュラルにやり過ごしていて、好感がもてるわ〜」