×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





■ 斉信君のおいでませ伊勢物語 ■




伊勢物語の現代語訳の部屋でございます。平安文学の中でも、源氏物語に次ぐと言い切れるほど、大きな大きな一角を占める『伊勢物語』。その市場に今さらどうやって食い込むかと考えますと、短絡的にやはりお笑い。無い知識はお笑いで紛らわすしかないのです。そんなわけで、とっても勉強になるお役立ち系現代語訳は、真面目に取り組んでいる良心的他サイトにお任せするとして、雑談する形に徹することにしました。
『枕草子』に描かれている超イケメンな頭中将斉信の君が、どうしてこんなおちゃらけたキャラで講釈たれているのか不審に思う方は、『創作小説の間』で当サイトの斉信像をご確認ください。










 <<< 戻る