×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




  井戸端無名草子

      〜はじめに〜

ここでは、十三世紀はじめ(1201年ごろ)、藤原俊成女によってかかれた「無名草子」を、ヘタレ現代語訳しています。
このお話は、桃源郷のような場所にふらりと迷い込んだ老尼と、そこで暮らしている数人の女房たちが、座談会形式で、いろいろネタ出ししてかたりあうというものです。
この中で、数人の女房に学術的要素ゼロで、名前をつけました。
また、老尼の発言の大部分を女房に語らせました。理由は、

「 バーサンが悟ったような口調でウンチクたれるよ
り、若い衆に勝手にしゃべらせたほうがつくって楽しい 
からです。
未熟者な訳っぷりですが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。


作者 解説   
其一  其二  其三  其四  其五  其六  其七  其八 


                       
   <<<戻る