空の贈り物



今は昔、一条天皇の御世にイケメン蔵人頭がおりました。帝の信任も篤い彼の名は藤原斎信。今日は帝の御使いで、比叡山のえらいお坊さまの所までお出かけです。帝の持病である神経性胃炎がひどくなったため、ここのえらいお坊さまに祈祷を頼みに来たのです。
気の毒なことに、この帝は慢性の胃痛持ちであられ、その原因というのがご自分の体質からくるものではなく、ある関白候補二人の確執と、教育ママゴンの政治への過剰介入という、精神的ストレスから来ているもので、互いに反目しあう政界ツートップと、「道長を関白にしなさい」と叫びながらどこまでも追いかけてくる母上の精神的しめつけが頂点に達すると、夜の御座から出ることすらできないくらいみぞおちが痛み出すのです。みぞおちを押さえて苦しみにじっと耐えている御姿を見ることは、昼夜おそばに控えている蔵人頭にとっては胸の痛む光景でした。ですから、時々こうして非公式に比叡山を訪れては、祈祷をお願いしているのでした。
一年で一番寒い時期をようやく越したとはいえ、山へ上がるのはなかなかつらいものがありましたが、内裏での仕事をもう一人の頭である行成に任せ、お供に六位の蔵人である則光を従えて馬での訪問です。
はだら雪があちこちに残る中、斎信の着ている黒い袍(ほう)がからすの濡れた羽のようにつややかに輝き、本人は地味にまとめたつもりでも豪華な浮き文が鮮やかに浮かび上がり、たいそうゴージャスです。けれども、それを見ているのは、無骨で和歌ひとつ詠むのもいやがる橘則光。訪問先も僧だらけの寺とあっては、あつらえたばかりのこの衣装もしのび泣くというものでしょう。
寒いですが、京の町なかとはまた違った深山の雪景色が心を浮き浮きさせてくれます。人が通る道だということを示す木の杭の上には丸く冠雪が積もり、まるで人がかぶる烏帽子のよう。木の枝から落ちた雪が新雪の斜面を転がって、ちょうど轍(わだち)を残しながら牛車の車輪がいくつも並んでいるようです。目をみはるような見事な風景に気を取られて、斎信は自然と馬の足取りが遅くなってしまうのでした。
「中将さま、道草を喰っていては、僧庵に到着するのが夕方になってしまいます。昼を過ぎれば急に気温が下がってきますゆえ、どうかお急ぎ下さい」
則光の催促にうわの空になるのも無理はありません。からりと明るい陽射しが山中に満ち、雪に覆われた山道のうねが光を反射してキラキラと輝き、まるで、雪の欠片がえくぼを見せて笑っているかのようです。町なかでは決して見ることのできない雪景色を見ているうちに、斎信は唐の古文書に出てくる『六花』という言葉を思い出しました。


『およそ草木の花は五弁であるが、雪花だけは六弁である』
…でもさ、雪片のひとつひとつを目を凝らして見つめても、ちっとも花びらには見えないんだけどな。


ざっくりと雪をかいて手のひらに乗せても、雪のかたまりは手に触れたところからキラキラと融けていくばかり。杉の葉にふっくらとかかった雪のひとかけらをじっと見つめても、ちぎれたような粒からは、花びららしきものは何もわかりません。
かの国に降る雪と京に降る雪は違うのかな、ここに公任が居れば何か意見のひとつも聞けようが、相手が芸術オンチの則光ではな…ため息をつきながら馬を進めていくと、ふいに冷たい突風が吹きぬけ、斎信の手に持っていた馬用のムチが飛ばされてしまいました。二人はあわててムチの飛んでいった方向に走ってゆくと、ふいに視界が開け、小さな泉がありました。
「おかしいですね、道を間違えたのでしょうか。僧庵に行く途中にこんな泉があるなんて、聞いたことがありません」
泉の水面には氷が張っていて、一箇所だけ氷にヒビが入っています。どうやら斎信のムチは、泉の底に沈んでしまったようでした。
「おや?見たまえ則光、ずいぶん浅い泉みたいだぞ。ほら、水底の小石が近くに見えるだろう?おっムチも見えるぞ。これは手が届きそうだ」
「おお確かにそのようですな。では私めが」
則光が、泉に腕を突っ込もうとした瞬間、急に水面がザバァッともり上がり、氷をバリバリと砕き割って、水の中から唐風の不思議な衣装をまとった偉丈夫が現われました。
「なっなっなっ…」
「ヒッヒェ〜〜〜ッ!」 ←怪鳥声
言葉を失う斎信と則光。
「何者か、と聞こうとしておるな。わしはこの泉の精であるぞよ。この静寂の中、春まで冬眠しておったのに、そなたらが急にジャマをするから目を覚ましてしもうたわい」
自称泉の精はブツブツ文句を言っています。
「私のムチが風に飛ばされて、貴殿の泉に落ちてしまったのです。眠りのジャマをして申しわけない。拾ったらすぐに去りますから」
「待てい。こういう場合には、お約束の立ち問答というものがあるのを知らぬのか」
泉の精はふところをゴソゴソ探って、何やら光るものを取り出しました。
「そなたが落としたムチは、この金のムチか、銀のムチか?それともこの普通の黒いムチか?」
「はあ?」
斎信と則光があっけにとられておりますと、泉の精は、
「これがおとぎ話クオリティというものじゃ。とっとと選ぶがよい。さあさあそなたが落としたムチはどれか」
とそっけなく答えました。
なにやら脅されている気がしないでもありませんが、斎信は素直に、
「私が泉に落としたムチは、その真ん中の、黒い革のムチです」
と答えました。
「よろしい。金めのものに目がくらまない正直者よ。ほうびに、三つとも持ってゆくがよい」
金銀を持っていけという言葉に、隣で則光が歓喜の表情を浮かべましたが、
「あいにく、人様から怪しげなモノを頂いて大喜びするほど単純にできていないものですから。大事に持ち帰ってよくよく見ると馬フンだったとか、屋敷に戻ったらムチが大蛇に化けて、絞め殺されてしまうとかがオチでは困るというものですよ」
なんと八百万(やおよろず)の神さまに口ごたえする斎信。則光の歓喜の表情が一気に真っ青になりました。
「最近の大宮人は口のきき方を知らぬとみえる。眠っていたところをふいに起こされ、おとぎ話のしきたりにのっとって問答すれば口答え。やり切れんわ」
冷ややかな目をして泉の精は言いました。
「気に障ったのなら申しわけない。もしや、タチのわるいキツネにでも化かされているのなら、釣られるわけにはいかないと」
神さまをケモノ呼ばわり。則光はもはや恐怖で小刻みに震えています。
「貴様、ちょっとソコへ座れ…と言いたいところだが、たしかにここら辺には人をからかったり騙(だま)したりするいたずらギツネもおる。用心するに越したことはないぞ。その心がけに免じて無礼を許してつかわそう」
「では、あなたはキツネやタヌキが化けているわけではないのですね」
「あたりまえじゃ。しかし、金銀を目の前にして欲を出さないそなたは、なかなかユニークな人間であるな。ここで遭(お)うたのも何かの縁、なにか願い事があれば、ひとつだけ叶えてやろうぞ」
泉の精が機嫌良くなって、心底ホッとする則光。
願い事…そうか、その手があったな。
斎信は、なにかひらめいたようです。明るい顔して答えました。
「ではひとつ叶えていただきたいことがあるのですよ。かの唐の国では、天から舞い落ちてくるこの雪が、六つの花びらのようだと褒め称えているのですが、残念ながら我々の目には、小さくちぎった真綿のかけらにしか見えません。一度でいい、雪の花を見てみたい、唐の貴人たちが愛でた花びらのような雪を、この目で確かめてみたいのです」
満たされたいのは物欲ではなくて、知識欲な斎信でした。
「ほお。なんとも可愛らしくも情緒ある願い事じゃな。たしかに人間は気の毒な生き物であるな。我々ならたやすく行き来できる大陸を、人は地に足を重く縛り付けられたままじゃ。そうとも、かの国の都人は、なるほど水晶の花びらのような可憐な雪を楽しんでおる。よかろう、ひとときの間、大唐長安の貴人が慈しんだ六花にまみれるがよい」
泉の精がそう言い放った途端、周囲の樹々から雪がザアッと吹き荒れました。そして風がおさまったあとは、何事もなかったかのようにあたりはシンと静まり返りました。
「…やはりタチの悪いタヌキかイタチが化けたのでは」
安堵しているのか不安なのかよくわからない声で則光が言います。
「ははは。それならそれでもかまわないさ。とにかく花びらのような形の雪を約束してくれたのだから。さて、ずいぶん道草を喰ってしまった。山の上の僧庵まではあと少しだ。急ごう」
二人は馬の腹を足で軽く蹴り、山頂目指して進み始めました。
「泉の精とやらはいつ願いを叶えるのか教えてくれませんでしたな」
「降れ降れと、念が足りていればそのうち降るだろうさ」
この口調からして、結局斎信も願い事など戯れ半分だったようです。
ところが。
しばらくすると、急に氷のような冷たい風が吹いてきました。陽射しがあるにもかかわらず、気温がどんどん下がっているのが肌でわかります。
空気がキンキンに冷え込んで、履いているワラの靴の中で、足が寒さに悲鳴をあげています。
「寒い寒いっ寒いっ!なんなんだこんなに急に!」
「(ガクガクブルブル)中将さま!お体大丈夫ですか、念のために雪中かぶりものなど用意するべきところを失念しておりました!は、早く、一刻も早く僧庵へ」
寒さで二人は歯の根も合いません。あたりにたたずむ樹々はいつしか氷をはり付かせ、木いっぱいに白く透きとおった花を咲かせたように凍りついています。
早く寺へ辿り着かないと、このままではあっという間に見事な樹氷ならぬ人氷の出来上がりだ…あまりの寒さに意識が遠のきそうな斎信。
と、そのとき。
風が弱まったかと思うと、天からチラチラと舞う雪が見えはじめました。
見慣れた淡雪とは明らかに違う、小さな小さな、まさに水晶の砕けたような雪でした。その小さな雪に、弱々しい日の光がキラキラと当り、息を飲むほどの幻想的な光景を目の前にした斎信は、ずるずると落ちるように馬から降り、地面にひざまずいて天を仰ぎました。
斎信は、自分の黒い袍に雪がいくつも降りかかっているのに気がつきました。よく見ると、小さな雪のひと粒は、もっと小さな雪の欠片が幾つもくっついてできているのでした。さらにその雪の欠片はといえば、扇を六つ広げたような、あるいは針葉樹の葉のような、信じられないほどこまかな細工がほどこされているのがわかりました。まさに神が創ったとしか思えないほどの精緻きわまる透きとおった六弁の花に、寒さも忘れてしまうほどです。黒い袍に降りかかる、花のような雪は、花びらの先からみるみる融けだし、丸みを帯びていきます。小指の爪にも満たないこんな小さい結晶が、雪の本当の姿なのだということを、斎信ははっきりと悟りました。
「見たまえ則光、この雪の花びらを。雪の奥に、こんな美しい素顔が隠されているとは」
「なに呆けているんですか!どう見たって我々は吹雪の真っ只中ですよ!しっかりして下さい中将さま!こんなところで寝てしまっては、生きて京には戻れませんよ!関白人事でお苦しみになっておられる今上のために、身を粉にしてサービスに努めると誓ったではないですか!」
則光は、涙を凍らせて叱咤激励します。幸せそうに口を半開きにして笑っている上司の左腕を肩に背負い、愛馬にまたがらせる則光。大の男一人を馬上に持ち上げる…このときほど自分の腕力をありがたいと思ったことはなかったでしょう。寒さに全身わななかせながらも、ようやく大比叡の僧庵に馬は向かい始めました。しかし行けども行けども雪野原。
緩急ついて地吹雪が襲い始め、降る雪と舞い上がる雪と空の白さが一体となって、あたりは白一色。もはや僧庵はおろか、ふもとへの方向も距離もわからなくなってしまいました。
「やはり我々、キツネにたぶらかされたんですよ…」
「…それが正解かもな。神さまはここまで過剰な演出はしないだろう」
一寸先の視界もきかない二人です。
「これは、辞世の句を用意したほうがいいかもしれないぞ…おい則光、何か言うことはないか?」
「…わ、わ、わたしめは歌は、歌を詠むくらいなら死んだほうがマシと思うほど苦手でございまして…」
「とても冗談に聞こえない状況だぞ…じゃあ私が詠むからしっかり聞き届けてくれよ。


大比叡雪のしろきにおののきてここはどこかときみに問ひける


…ダメだ、頭の中までぼんやりしてきた」
「辞世になっとらんですよ、中将さま…


雪の中すべてがご飯に見えてきたもう最期かと助けを待つ身


…一番マシな句を、命の終わりに詠めるとは…」
たがいに万感迫るものがあったのでしょう。念仏を唱えながら、二人は手を取り合ってそのまま力尽きて倒れてしまいました。


日当たりの良い南斜面の枯れ泉のすぐそばで、枯れ草やら竹の葉にまみれて気を失っている二人を、到着時刻が過ぎてもやって来ないのを心配した小坊主が見つけたのは、これよりすぐ後のことでした。合掌。




2005/3/16