陽 炎



築地のすぐ上に陽炎が立ち昇って、孟宗竹が揺らめいて見える。立秋をとうに過ぎたというのに、西に傾き始めた陽は熱く黄色く焦れ、熱でよどんだ空気はピクリとも動かない。
「暑い…」
陽をまともに受けて、下を向いた斎信はぐったりとつぶやいた。烏帽子の中からあごへと汗が流れて落ちる。
「部屋の中だと声がこもって正しく朗詠が練習できないと言ったのはあなただろう。どうしたのだ、もう降参なのか」
簀子に座っている行成が声をかける。返事もせずに、庭の真ん中から斎信は、とぼとぼと戻ってきた。
「とても夕刻とは思えない。陽の光が一本一本、火矢になってつきさすようだよ。あー暑い暑い暑苦しい。たまらない」
せわしなく扇で自分をあおいでいたが、それだけではとても間に合わないらしく、襟をはだけ袖を肩までまくり指貫をヒザまであげて、仰向けに寝転んで、バタバタとそれこそ貼り付けてある紙も破れんばかりにいそがしく扇を動かしている。
行成は情けなさに涙が出そうだった。目の前で大口を開けて半裸であえいでいる男が、蔵人所を束ねる花形貴公子だなんて、とても信じられない。帝はおろか、部下にも決して見せられない姿だ。目撃してしまったが最後、ショックで出家してしまうことが想定される人物と、後宮女房たちにチクりに走ることが想定される人物を幾人も思い浮かべた。ここまで無防備な姿をさらけ出される関係にあることを、喜ぶべきなのか憂うべきなのか。
「こんなことならやっぱり北嵯峨の別荘に行けばよかったよ。めずらしく、おまえと休暇が重なったというのに。千載一遇の大チャンスだったんだぞ。それを」
「仕方ないだろう斎信。わがままな私用で、蔵人頭両名がいちどに帝のおそばを離れるわけにはいかない」
相変わらずの滅私奉公ぶりだ。時々その固さに正直うんざりすることもある斎信だが、それにもましてひたむきさにたまらなく惹かれてるのもまた事実。桔梗がさねのよく似合う、斎信だけの桔梗の君。その姿にも本質にも、清潔ななまめかしさのただよう鮮やかな青紫の君が、仰向けになった斎信を心配そうに覗き込んでいる。その行成の頬を、斎信は手のひらでゆっくりとなぞった。
「今日はずいぶんやさしい物言いなんだな、行成。いつもなら、恋人めいたことをちょっとでもほのめかせば、態度が硬化するのに…あれ?おまえ、今日の服、紗に見えるんだけど、そんなうすぎぬだったっけ?私の目がおかしいのかな」
「立秋が過ぎて季節はずれの狩衣だが、今日の暑さは特別だ。それに…脱いだあと、また着るのに、うすぎぬの方がしわが目立たないだろう…?外はまだ明るい」
恥ずかしそうに目をそらしてささやく行成がいた。
えっ?行成、それって、もしかして!もしかして!!!
ガバリと体を起こして行成に抱きつきたい気持を必死で抑え、
「…どうしたんだい?ずいぶんと積極的なんだね。いつものおまえじゃないみたいだな」
とすまして言ってみた。
「確かに自分でもそう思う。…あの陽炎のゆらぎを見ていると、何か怪しい術にでもかけられた気分だ。でもたまには、こんな状況に流されてみるのもいいかもしれない」
甘く見おろす行成の目。鈴虫の羽のような、紗の狩衣の袖をとおして見える行成の白い腕が、己の頬をなでる斎信の手に柔らかく絡む。
行成が、行成がこんな情緒的なお誘いをしてくれるなんて!
内心舌を巻く思いの斎信だった。こんな得体の知れない状況は初めてだ。ああ、でもこれは仏さまがくれた夏の名残の最後のチャンスかも。これを生かさないで何を生かそう。ありがとう!八百万の神さま仏さま観音さま!
行成の顔がゆっくりと近づいてきて、斎信は目を静かに閉じ、体の力を抜いた。




バッシャーン!!!!


豪快な水音が響いた。
「しっかりしろ!斎信、斎信!!」
体をガクガクと揺さぶられる衝撃に目を開ける。
「…う……」
「斎信っ!気がついたか!」
行成が斎信の頬をベチベチとたたく。
「気がついたかって…なんだろう、目がまわる、頭も重い、頬も痛い」
「意識ははっきりしているようだな。よかった。いいか、あなたは日射病で倒れたんだ。扇をあおぐ手が止まったのに気がついて目をやると、吹き出ているはずの汗がまったく出ていないじゃないか。浅い呼吸を苦しそうにし始めたから…危ないところだったな」
よく見ると単(ひとえ)一枚になった体が水びたしだ。空の桶を持った家来が心配そうに控えていた。
「おまえが脱がしたのかい」
「直接体を冷やすのが一番だと思ったんでな。大速攻で脱がせてやったぞ。さ、塩茶だ。飲んだらしばらく横になっているといい。これにこりたら、炎天下で長時間突っ立って練習するのは控える事だ」
重い頭を持ち上げて、塩の入った生ぬるい番茶を飲む。斎信が飲みきったのを見届けた行成は、脱がせた狩衣を持って、家来と一緒にさっさとどこかへ行ってしまった。
どうやら日射病の見せた幻覚だったらしいな。そうとも、あんなに自分に都合のいい行成がいるものか…ああでも、できることならあともう少し、もう少しだけおそく水をかけられていれば…
夢でもいいから本懐を遂げられたのにっ!!
風のよく通る日陰にひとり寝ころがされた斎信は、水びたしの単の袖で目じりの涙をそっとふきとったのだった。


2003/9/7