昏 き 理



北西の、はるか彼方の方向に稲光のよく見える夏の宵。雷雲の中に稲妻が走り、手前の雲が黒い幕のように光の中心を隠す。しばらくして低い、かすかな雷鳴が聞こえ、空の半面が稲光で輝いているのにもかかわらず、発光から雷鳴までの間隔の長さが、これが遠雷であることを示していた。こういう稲光―――幕電はおもしろい。とても見ごたえのある、美しい色をしている。黒雲の向こうから漏れ出る光が、赤から紫、緑から黄金色へと次々に変わり、真夏の夜の開け放した御簾の向こうには、いつまでも飽きない光景が広がっていた。
―――今宵の女房も、どこかひとつでもいいからこんなふうに抱き応えのある女房だといいけどね。
後宮のあちこちの局でくりひろげられる夜毎の逢瀬のひとつが、今宵も暗がりにまぎれてしのびやかに行われる。新人の小兵衛の君は若く美しく、かなり小柄ではあるがなかなか魅力的だ。容貌も可憐そのもので、女房としての仕事に慣れだした頃から、殿上人が鵜の目鷹の目で狙い始めていた。清潔感のある立居振舞は、いまだ恋人がいないことを想像させて、男心をそそるのに十分だ。斎信は、あくまでも宮廷人としてのアバンチュールのひとつとして考えていたため、小兵衛が生娘ではないことを願っていた。完全に遊びと割り切って誘ってくる男が、初めての男だなんて、やっぱり少しかわいそうだよ…ならばやめておけといいたいところだが、これが当時の宮廷女房の現状で、美人といわれる女房のほとんどは、殿上人の性のお相手をさせられたと言っても言いすぎではなかった。

新参者があてがわれた部屋の私的範囲はわずかだ。小さな局を几帳で仕切り、何人もの女房が身を寄せている。そんな雑居の戸をほとほとと小さく叩いて斎信が忍び入った時、「昼間のお手紙どおり、本当に、冗談などではなく頭中将さまがいらした」と、小兵衛は目を見開いて、半分おびえたような顔で斎信を部屋に招き入れたが、彼の柔らかな物腰と持ち前の話術で警戒心は次第に薄れ、半時も経つ頃には、扇越しにうっとりと頬を染める彼女の顔がのぞくようになった。一対一では初対面だったが、彼女が好意以上のものをいだきつつあることは間違いない。こうなればあとは簡単だ。相手にはっきり言わせることなく、こちらが上手にエスコートすればいいだけだ。
「少納言の君になんて言い訳すれば…きっと恨まれてしまいます」
「二人っきりの宵に、他の女の名前を出すのかい?…そんな唇には、お仕置きが必要だな」
斎信は小兵衛の君のあごを押さえて顔を寄せた。唇を舌で丁寧になぞり続けると、小兵衛の君は堪え切れずにくぐもった声をあげた。ほんの少し開けられた口の中に舌を差し込んでしまえば、あとはもう、斎信のなすがままだった。


うつぶせになっている小兵衛の背中を押さえつけると、彼女の背筋が柔らかくしなる。下半身を拘束されている分、彼女の上半身は、馴れはじめた子猫がじゃれるような若々しい動きを見せ、斎信を堪能させた。下に敷かれた紅い単衣の乱れが、小兵衛の顔を熱くさせる。几帳のすぐ向こうには、朋輩たちがいるはず。気付かれないように、歯を食いしばって耐えていた彼女だったが、強引に腰を密着させられた瞬間、ついに悲鳴が上がった。しかしその声は外に漏れることなく、斎信の手のひらの中で消える。彼が後ろから小兵衛の口をふさいだからだ。
「くす。だめだよ。ここまで我慢したのだから、最後まで我慢できるね?」
否やが言えるはずもない。がくがくと体を揺さぶられながら、涼やかな斎信の声が小兵衛の耳に聞こえる。とても耐えられない。突っ張っていた腕の力が抜けていき、崩れ落ちそうな体をヒジで支えるのがやっとだった。吐息も嬌声も、全て斎信の手のひらに閉じ込められる。楽しそうな斎信のもう片方の手。小兵衛はようやくわかった。頭中将さまは、私を愛しているからこのようなことをされているのではない、遊びに没頭されているだけだ、と。


「小兵衛はどんなだったかね、中将」
翌朝、蔵人所の入り口あたりで、中から出てきたばかりの斎信を呼び止める公卿がいた。
「これは、権中納言さま。おはようございます」
斎信は一瞬背筋を正したが、キョロキョロと、あたりを憚るように見回している権中納言の様子を見て、ああ例のことを聞きたがっておられるのだな、と、そのまま権中納言を招いて蔵人所に戻った。
「で、どうだったかね、小兵衛の房事は。さぞかしいい気分であったろう」
この権中納言は、目当ての女人の房事の様子を、相手の男から聞いた後、自分とその女人の房事中にそれを思い出しながら耽るという、妙なクセを持っている。先日双六でこの権中納言に負けた斎信は、負け草として、小兵衛の君の味を教えろと頼まれたのだった。行きずりの交わりではあったが、適当に誇張して、権中納言がうれしがるような言葉を混ぜたせいか、権中納言源時中は熱心に耳を傾け、根掘り葉掘り探ったあと、「むむ、むむ」と興奮したように唸りながら帰っていった。
「結局、下手だと女に馬鹿にされたくないんだろうなあ。あの御仁は」
扇であおぎながら、斎信は白けた気分でそうつぶやいた。
五十をとうに越えた、温厚なお方だが、この道に関してはまだまだ俗っぽい欲がご健在とみえる。動きの鈍くなった体を奮い立たせる秘訣がこの性癖だと思えば、けなげなものじゃないか。今夜にでも権中納言は小兵衛の局を訪ねるに違いない―――
途中で生娘ではないと確信してから、多少手荒なことをしたような記憶のある斎信だが、後宮女房も自邸の使用人の女も、抱く分には何の変わりもないと割り切っていた。あの女房も、昨夜見た色とりどりの幕電程度には堪能させてくれた、ただそれだけのこと。
「おっと私の用がまだ済んでいない」
このあと馬寮に出向く予定があったのをようやく思い出し、思わぬ長居をしてしまった蔵人所をいそいそと出て行く斎信だった。




2003/12/16